朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報、無料動画を見る方法などを紹介

朝ドラネタバレ動画プラス「patin」

エール

朝ドラ「エール」第21週あらすじネタバレ!音の「夢のつづきに」家族との絆

更新日:

朝ドラ「エール」第21週あらすじネタバレ!音の「夢のつづきに」家族との絆

朝ドラ「エール」第21週のあらすじ・ネタバレを紹介していきたいと思います。

「エール」の第20週では、「長崎の鐘」を書き上げ、音楽への情熱を取り戻した裕一(窪田正孝)は、戦時中に出会った新聞記者の大倉(片桐 仁)からの依頼で「全国高等学校野球選手権大会」の曲作りに取り組む。

そんなある日、裕一と鉄男(中村蒼)は藤丸(井上希美)に案内されて、久志(山崎育三郎)と再会する。

戦後、自暴自棄の生活を続けていた久志に立ち直ってほしい裕一は、高校球児のために「栄冠は君に輝く」を歌ってほしいと頼む。しかし久志は・・・という展開でした!

今回ご紹介する第21週の「エール」では、音(二階堂ふみ)がメインになる話です。

声楽をやっていた音は、また夢のつづきをみるのか・・・それとも?

先生

それでは、朝ドラ「エール」の第21週について紹介していきたいと思います!

朝ドラ「エール」第21週「夢のつづきに」のあらすじ

音(二階堂ふみ)は、子育てで一度はあきらめた歌手になる夢をかなえるため、声楽講師のベルトーマス(広岡由里子)に勧められたオペラのオーディションに挑戦する。

審査員席には懐かしい音楽学校時代のライバル・夏目千鶴子(小南満佑子)が!

一方、娘の華(古川琴音)は思春期で、母に反発することが増えていた。

そして音が受けたオーディションは思わぬ方向に動き・・・。

そして、音と華のことが心配な裕一(窪田正孝)はふたりのためにあることを思いつく。

朝ドラ「エール」第21週「夢のつづきに」のネタバレ

必死にレッスンを重ね、一次審査を通過した音(二階堂ふみ)は、二次審査の審査員席に音楽学校時代の同級生がいるのを見て驚く。

オペラ歌手として活躍している夏目千鶴子だ。

その日、音が帰宅すると、華が竹中渉という男子高校生を連れて帰ってきた。

渉は甲子園を目指す野球少年で、華の父が「栄冠は君に輝く」の作曲家だと聞いて、サインをもらいにきたのだ。

裕一(窪田正孝)は、華が渉に向ける笑顔を見て気が気ではない。

反対に音は、華が弘哉のことを引きずっているのではないかと心配していただけに、少しホッとするのだった。

二次審査も通過した音は、最終審査に向けて、ますますレッスンに励むようになる。

忙しい音のために、華は家事や裕一の世話を手伝おうとするが、音は受け付けない。

幼い日の華に、お母さんは私のために歌をやめたのかと聞かれたことを、音は気にしていた。

娘のためにも、家事も歌も両立できることを証明したいと考えていた。

最終審査が行われた。

力は出しきったものの、ほかの応募者との実力の差を痛感したと話す音を、裕一は、長いブランクを乗り越えてよく頑張ったとねぎらう。

「好きにやらせてもらって感謝してます。華も、やりたいことどんどんやっていいからね」

音のその言葉に、華が言い返した。

「・・・やりたいことがないとダメなの?目標があるのが、そんなにえらいの?」

華は、父や母のように才能も目標もない自分に自信を失っていた。

家事を手伝おうとするのは、自分のせいで音が歌を中断したことを気遣ってのことなのに拒まれる。

華は、そんな自分の気持ちに気づいてくれない音に、わだかまりを感じていたのだ。

数日後、選考結果の連絡がきた。

合格だ。

華がぶっきらぼうにおめでとうと言う。

「・・・これから忙しくなるから、お手伝い頼んでいい?」

素直に頼ってくれる母親の言葉に少し、華の心が和らいだ。

部隊の稽古が始まった。

共演者は実力も経歴も錚々たるメンバーばかりだ。

稽古を重ねるにつれて、相手役を務める伊藤幸造は、うまく歌えない音への苛立ちをあらわにし始める。

ほかの共演者たちの視線もどこか冷たい。

音は必死に練習するが、どれだけ頑張っても、実力の差は埋めようがなかった。

ある日、千鶴子が稽古の様子を見ていることに気づいた音は、夕方、稽古を終えた千鶴子を捕まえて問いかけた。

「うちの稽古、見てたよね?・・・おかしいよね?・・・何か知ってたら、教えてほしい」

次の日、音は舞台の降板を申し出た。

音が主役に起用されたのは、「古山裕一の妻」という話題性をねらう常務の脇坂の独断だと、千鶴子から知らされたからだ。

この一件で、音は、レッスンを続ける意欲をすっかり失ってしまった。

「私、分かっちゃったんだ。・・・私はここまでなんだって」

音はそう言うと、裕一が作った曲を大きな舞台で歌うという二人の約束をかなえられなかったことを、裕一にわびた。

半月後、裕一はとある教会に、音を連れ出した。

孤児院を併設するこの教会で、裕一は子供たちのために慈善音楽会を開くことにしたのだ。

そして、音に、この教会でもう一度歌ってほしいと頼んだ。

慈善音楽会の日がやってきた。

子供たちの合唱、久志(山崎育三郎)と藤丸のデュエットと音楽会は進み、最後のプログラムになった。

「最後に歌いますのは、私の妻・古山音です。僕が音楽家を続けてこられたのは、彼女のおかげです。かけがえのない、僕の恩人です」

裕一がピアノで前奏を弾き始めた。

曲は、裕一が音のために作曲し、鉄男(中村蒼)に詞を書いてもらったものだ。

音は心を込めて歌い上げると、晴れ晴れとした笑顔を見せた。

夕方、音と華が一緒に後片付けをしている。

本当にやりたいことが、今日はっきり分かったと話す音に、華が言った。

「・・・私も、何か見つかるかな」

「急がなくていい。いつか見つかったら、全力で応援する」

久しぶりに笑顔を交わす二人を、裕一は潤んだ目で見つめるのだった。

朝ドラ「エール」第21週101話のあらすじネタバレ

裕一から「受けてみたら?」と背中を押されて受けることにした「ラ・ボエーム」のオーディションに向けて、音(二階堂ふみ)はベルトーマス(広岡由里子)とのレッスンや自宅での自主トレーニングで一生懸命練習を重ねる。

そのかいもあって、音は一次審査を無事通過する。

バンブーでのお祝いの会に、みんなに話があると藤丸(井上希美)と一緒にやってきた久志(山崎育三郎)たちの話に一同はびっくりする。

キャスト

窪田正孝,二階堂ふみ,中村蒼,山崎育三郎,仲里依紗,野間口徹,松井玲奈,古川雄大,井上希美,小南満佑子,古川琴音,広岡由里子,伊藤あさひ,浅川大治,奥村アキラ

朝ドラ「エール」第21週102話のあらすじネタバレ

華(古川琴音)はオーディションに向けて、音楽レッスンで忙しい音(二階堂ふみ)のために、家事を手伝おうとするが、母の仕事と自分がやりたい事は両立できると証明したいと考えている音は、

「すべて自分でするから、華は自分のやりたいことをしなさい」

と相手にしない。

これといってやりたい事がない華は、甲子園に出る目標に向かって頑張っている渉(伊藤あさひ)と話していて、複雑な気持ちを抱く。

キャスト

窪田正孝,二階堂ふみ,仲里依紗,野間口徹,松井玲奈,古川雄大,広岡由里子,小南満佑子,古川琴音,伊藤あさひ,浅川大治

朝ドラ「エール」第21週103話のあらすじネタバレ

音(二階堂ふみ)が自分の気持ちを全然わかってくれないと、家を飛び出して吟(松井玲奈)の家に向かった華(古川琴音)。

翌日、迎えに来た裕一(窪田正孝)と帰る途中に、孤児院「マリア園」を訪れる。

華と子供達が一緒に遊んでいる様子を見ている裕一に、シスターの佐代(黒川智花)は子供たちがようやく娯楽を楽しめるようになって、「鐘のなる丘」をいつも楽しみにしている話をする。

キャスト

窪田正孝,二階堂ふみ,仲里依紗,野間口徹,松井玲奈,奥野瑛太,北村有起哉,小南満佑子,古川琴音,黒川智花,浅川大治,橋本じゅん,海宝直人,橋爪淳

朝ドラ「エール」第21週104話のあらすじネタバレ

「ラ・ボエーム」の稽古で、皆と明らかな実力の差を感じた音(二階堂ふみ)は、稽古後もベルトーマス(広岡由里子)とのレッスンや自宅で自主練習をして必死に頑張るが、どうしてもうまくいかない。

毎日疲れ果てて、笑うことも少なくなっている音を見て、華(古川琴音)は「あれがお母さんのやりたいことなのかな・・・」と疑問に感じる。

ある日、音は稽古を見に来ていた千鶴子(小南満佑子)に相談する。

キャスト

窪田正孝,二階堂ふみ,中村蒼,仲里依紗,野間口徹,広岡由里子,小南満佑子,古川琴音,伊藤あさひ,橋本じゅん,海宝直人,田中俊太郎

朝ドラ「エール」第21週105話のあらすじネタバレ

目標を見失った音(二階堂ふみ)のために、裕一(窪田正孝)は鉄男(中村蒼)に詞を書いてもらい、音への思いを音符にのせて歌をつくる。

そしてある日、裕一は音を連れて教会にやってくる。

裕一は音に、教会でクリスマスのときに開催することになった慈善音楽会で、音のためのつくった歌を歌ってほしいとお願いをする。

子供達に歌を教えて、音楽の楽しさを思い出す音。

そして、いよいよ、音楽会当日に・・・。

キャスト

窪田正孝,二階堂ふみ,中村蒼,山崎育三郎,松井玲奈,奥野瑛太,古川雄大,井上希美,広岡由里子,小南満佑子,古川琴音,黒川智花,伊藤あさひ,清水葉月,金澤美穂,浅川大治,清水香帆ほか

朝ドラ「エール」第21週の主なキャスト

古山裕一 演:窪田正孝

※子ども時代:石田星空

モデル:古関裕而(こせき・ゆうじ)

福島で代々続く老舗呉服屋の長男。

気弱でいじめられがちな少年だったが、音楽に出会うとその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。

跡取り息子として周囲の期待から商業を学び、伯父が経営する銀行に勤めるが、音楽への思いを断ち切れないでいた。

そんな中、歌手を目指しているという女学生・関内 音とひょんなことから知り合い、文通を始める。

恋に落ちた裕一はついには、彼女とともに音楽の道を歩むことを決める。

朝ドラ「エール」のモデル古関裕而の留学話は本当?息子から見る古関裕而とは

関内音 演:二階堂ふみ

※子ども時代:清水香帆

モデル:古関金子(こせき・きんこ)

豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内家の三姉妹、次女の音は、将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた。

ある日、福島に住む青年の古山裕一が英国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り、手紙を送り文通を始める。

二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。

夫の才能を誰よりも信じて叱咤(しった)激励し、時代の流れのなかでさまざまな困難に遭遇しながら、自らも歌手になる夢を追い続ける。

古山華 演:古川琴音

裕一と音の娘。

やりたいことがなかなか見つからず、将来について思い悩んでいる。

村野鉄男 演:中村蒼

※子供時代:込江大牙

魚屋「魚治(うおはる)」の長男。

けんかっ早い性格であるが、詩を作ることが得意。

のちに作詞家となり、裕一や久志とともに「福島三羽ガラス」と呼ばれるようになる。

古関裕而の親友で作詞家の野村俊夫がモデル。

「福島三羽烏」のモデルネタバレ!村野鉄男(野村俊夫)佐藤久志(伊藤久男)古山裕一(古関裕而)

梶取保 演:野間口徹

喫茶バンブーを妻の恵と経営している。

コーヒーのいれ方にはこだわりがある。

裕一、音の相談相手になる。

梶取恵 演:仲里依紗

喫茶バンブーで夫の保と働く。

ときどき語る自分自身の過去の経歴は、夫も知らないことが多いという謎の女性。

佐藤久志 演:山崎育三郎

県議会議員の息子で裕一の小学校時代の同級生。

のちに歌手となり、裕一の作った曲を唄うことで好評を博すことになる。

古関裕而の親友で歌手の伊藤久男がモデル。

朝ドラ「エール」山崎育三郎(佐藤久志)の出演回数とモデル・伊藤久男について

その他キャスト

・松井玲奈
・奥野瑛太
・古川雄大
・井上希美
・広岡由里子
・小南満佑子
・古川琴音
・黒川智花
・伊藤あさひ
・清水葉月
・金澤美穂
・浅川大治
・橋本じゅん
・海宝直人
・田中俊太郎
・清水香帆
・ほか

 
【第22週のネタバレはこちら】

朝ドラ「エール」第22週あらすじネタバレ!「ふるさとに響く歌」
  

【第20週のネタバレはこちら】

朝ドラ「エール」第20週あらすじネタバレ!久志の苦悩と再起「栄冠は君に輝く」

 
【こちらの記事もチェック!】

朝ドラ「エール」のモデル古関裕而の留学話は本当?息子から見る古関裕而とは

「福島三羽烏」のモデルネタバレ!村野鉄男(野村俊夫)佐藤久志(伊藤久男)古山裕一(古関裕而)

 
【その他朝ドラネタバレ一覧】

朝ドラ「純情きらり」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おかえりモネ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おちょやん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ちゅらさん」のネタバレはこちらから

-エール
-

Copyright© 朝ドラネタバレ動画プラス「patin」 , 2020 All Rights Reserved.