朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報などを紹介

朝ドラネタバレプラス「patin」

エール

朝ドラ「エール」第15週ネタバレ!「先生のうた」

更新日:

朝ドラ「エール」第15週ネタバレ!「先生のうた」

朝ドラ「エール」第15週のあらすじ・ネタバレを紹介していきたいと思います。

「エール」の第14週が9月14日に遂に再開され、11月27日(金)まで駆け抜けていくと思われます。

11月28日(土)は振り返りなので、本編は前日の11月27日までです。

今回ご紹介する第15週から「エール」は大きく物語が動いていきます!

遂にこの15週で久志(山崎育三郎)が日の目を浴びます!

先生

それでは、朝ドラ「エール」の第15週について紹介していきたいと思います!

朝ドラ「エール」第15週のネタバレ「先生のうた」

世の中に戦時色が漂い始める中、裕一(窪田正孝)は「露営の歌」を作曲し大ヒット。

はからずも戦時歌謡の旗手として注目されると、吟(松井玲奈)の夫で陸軍に勤める智彦(奥野瑛太)から作曲を依頼される。

詞を鉄男(中村 蒼)、歌を久志(山崎育三郎)が担当する“福島三羽ガラス”がついに始動するが、曲作りは難航。

きっかけをつかもうと三人は福島へ帰郷し恩師・藤堂先生(森山直太朗)に再会するが、意外なことを聞き・・・。

朝ドラ「エール」第15週71話のあらすじネタバレ

昭和12年。日中戦争が起こって、日本は次第に戦時体制となりつつあったが、まだ国民の生活に大きな影響はなく、裕一(窪田正孝)たちも以前と変わらない暮らしをしていた。

ある日、裕一は新聞の公募で入選した「露営の歌」の歌詞を見かけて、あっという間に曲を書きあげる。

久志(山崎育三郎)の歌で売り出されたこの曲は、国民の心をとらえて出征する兵士の見送りに歌われるようになり、大ヒットする。

朝ドラ「エール」第15週72話のあらすじネタバレ

「露営の歌」のヒットから1年後。

裕一(窪田正孝)をたずねて、吟(松井玲奈)と吟の夫の智彦(奥野瑛太)が古山家を訪れる。

智彦は自身が勤める陸軍の馬政課でつくることになった映画「暁に祈る」の主題歌の作曲を裕一にお願いしにやって来たのだ。

裕一は作詞家と歌手を指定することを条件に、この話を引き受ける。

作詞を鉄男(中村蒼)、歌を久志(山崎育三郎)が担当する“福島三羽ガラス”がついに始動する。

朝ドラ「エール」第15週73話のあらすじネタバレ

吟の夫の智彦(奥野瑛太)から依頼された映画「暁に祈る」の主題歌制作。

軍は厳しく、鉄男(中村蒼)の歌詞は何度書き直してもOKが出ない状況が続いていた。

一方、音(二階堂ふみ)の音楽教室に来ている弘哉(外川燎)は、歌が下手で教室を辞めようとする。

しかし、裕一(窪田正孝)に教えてもらったハーモニカで参加するようになり、華(田中乃愛)もなついて家族ぐるみでつきあいを深めるようになる。

朝ドラ「エール」第15週74話のあらすじネタバレ

鉄男(中村蒼)の歌詞にOKがでず、難航している「暁に祈る」の主題歌制作。

鉄男が降板するなら、自分も降りると言った裕一(窪田正孝)に、もう1回だけチャンスが与えられる。

歌詞を書くきっかけをつかもうと、裕一は鉄男を連れて福島に帰る。

久しぶりに顔を出した実家に、なぜか久志(山崎育三郎)も来ていた!

賑やかになった古山家に藤堂先生(森山直太朗)が、昌子(堀内敬子)と息子を連れてやってくる。

朝ドラ「エール」第15週75話のあらすじネタバレ

古山家をたずねてきた藤堂先生(森山直太朗)から、出征することになった自分の事を思って歌詞を書いてくれないかとお願いされた鉄男(中村蒼)は、気持ちを込めて歌詞を書く。

数日後、完成した歌詞を携えて裕一(窪田正孝)と鉄男は陸軍の智彦(奥野瑛太)の元を訪れる。

戦いに行く人の心に近づきたいと祈りながら書いた「暁に祈る」は、やがて世に出て大ヒット。

ついに福島三羽ガラスが世に出る!

朝ドラ「エール」第15週の主なキャスト

古山裕一 演:窪田正孝

※子ども時代:石田星空

モデル:古関裕而(こせき・ゆうじ)

福島で代々続く老舗呉服屋の長男。

気弱でいじめられがちな少年だったが、音楽に出会うとその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。

跡取り息子として周囲の期待から商業を学び、伯父が経営する銀行に勤めるが、音楽への思いを断ち切れないでいた。

そんな中、歌手を目指しているという女学生・関内 音とひょんなことから知り合い、文通を始める。

恋に落ちた裕一はついには、彼女とともに音楽の道を歩むことを決める。

朝ドラ「エール」のモデル古関裕而の留学話は本当?息子から見る古関裕而とは

関内音 演:二階堂ふみ

※子ども時代:清水香帆

モデル:古関金子(こせき・きんこ)

豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内家の三姉妹、次女の音は、将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた。

ある日、福島に住む青年の古山裕一が英国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り、手紙を送り文通を始める。

二人は結婚し、音は本格的に歌を学ぶために音楽大学に入学。

夫の才能を誰よりも信じて叱咤(しった)激励し、時代の流れのなかでさまざまな困難に遭遇しながら、自らも歌手になる夢を追い続ける。

佐藤久志 演:山崎育三郎

県議会議員の息子で裕一の小学校時代の同級生。

のちに歌手となり、裕一の作った曲を唄うことで好評を博すことになる。

古関裕而の親友で歌手の伊藤久男がモデル。

朝ドラ「エール」山崎育三郎(佐藤久志)の出演回数とモデル・伊藤久男について

村野鉄男 演:中村蒼

※子供時代:込江大牙

魚屋「魚治(うおはる)」の長男。

けんかっ早い性格であるが、詩を作ることが得意。

のちに作詞家となり、裕一や久志とともに「福島三羽ガラス」と呼ばれるようになる。

古関裕而の親友で作詞家の野村俊夫がモデル。

「福島三羽烏」のモデルネタバレ!村野鉄男(野村俊夫)佐藤久志(伊藤久男)古山裕一(古関裕而)

廿日市誉 演:古田新太

コロンブスレコードのディレクター。

ヒット曲を作ろうと奮闘しつつも、大御所作家や上司に弱い一面も。

梶取恵 演:仲里依紗

喫茶バンブーで夫の保と働く。

ときどき語る自分自身の過去の経歴は、夫も知らないことが多いという謎の女性。

関内吟 演:松井玲奈

※子供時代:本間叶愛

音の姉。
おしゃれ好き。素敵な男性に巡り合って結婚したいと思っている。

古山華 演:田中乃愛

裕一と音の娘。

鏑木智彦 演:奥野瑛太

吟のお見合い相手。

その他キャスト

・加弥乃

 
【第14週のネタバレはこちら】

朝ドラ「エール」第14週ネタバレ!梅(森七菜)と久志(山崎育三郎)と田ノ上五郎(岡部大)の三角関係?

【こちらの記事もチェック!】

朝ドラ「エール」のモデル古関裕而の留学話は本当?息子から見る古関裕而とは

「福島三羽烏」のモデルネタバレ!村野鉄男(野村俊夫)佐藤久志(伊藤久男)古山裕一(古関裕而)

 
【その他朝ドラネタバレ一覧】

朝ドラ「純情きらり」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おかえりモネ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おちょやん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のネタバレはこちらから

-エール
-

Copyright© 朝ドラネタバレプラス「patin」 , 2020 All Rights Reserved.