朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報、無料動画を見る方法などを紹介

朝ドラネタバレ動画プラス「patin」

エール

「この恋あたためますか(恋あた)」4話5話6話の無料動画・見逃し配信は?

投稿日:

「この恋あたためますか(恋あた)」4話5話6話の無料動画・見逃し配信は?

朝ドラ「エール」に出演中の森七菜さんが主演を務めるTBSドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」の4話、5話、6話の無料動画や見逃し配信を見る方法について紹介していきたいと思います。

ドラマの放送が進むにつれて、過去に放送された放送回をもう一度見たい・・・と思うのはドラマ好きとしては当たり前の感情ですよね?

けど、見逃し配信の動画サービスなどでは、配信が開始されてから一週間しか見ることができません!!

先生
見逃してしまった話や、過去に放送された放送回をまた見たい場合どうしたら良いの?

もう一回見ることなんて出来ないの?諦めた方が良いの?

そんな時に役立つ唯一の方法があります!!

またドラマを1話から見返したかったり、見逃してしまった話を見たいという時に役立つのが、TBSドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」を配信している動画配信サービス「Paraviパラビ」です。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

動画配信サービス「Paraviパラビ」なら見逃し配信も全話配信も見放題!

通常の見逃し配信のサービスでは最新話は一週間で消えてしまいますが、動画配信サービス「Paraviパラビ」ならそんな心配はありません!

しかも、無料期間を利用すれば無料で動画をたっぷり全話楽しめるのもかなりのメリットです。

見逃し配信も全話配信も無料で楽しむことができる動画配信サービス「Paraviパラビ」はかなり便利です!

更に、動画配信サービス「Paraviパラビ」の強みとしては、無料期間だけの利用・期間中の解約もOKで、CM広告なしでフル動画を快適に視聴することができます。

更に、スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応で、見たい動画をダウンロードしておけば、オフラインでの視聴も可能という通信制限を気にしなくても済む使用になっています。

また、動画配信サービス「Paraviパラビ」ではTBSのドラマの限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信中なので、テレビでは見ることが出来ないオリジナルのドラマを楽しむことが出来るのも大きなメリットです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

動画配信サービス「Paraviパラビ」はドラマやアニメが豊富に見れる!

動画配信サービス「Paraviパラビ」では、過去に放送されたドラマやアニメ、また最新のドラマやアニメ、映画などが多く配信されているので、飽きることなく楽しむことができます!

動画配信サービス「Paraviパラビ」で配信されているドラマやアニメを抜粋して紹介したいと思います。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛
・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

などなど、これらのドラマやアニメが、スマホ、PC、テレビ、タブレットなどで余すことなく楽しむことができます!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「この恋あたためますか(恋あた)」4話から6話のあらすじ・ネタバレ

21歳のコンビニ店員・井上樹木(森七菜)はコンビニで無気力にアルバイトをする日々を過ごしていたが、ある日偶然、樹木が働くコンビニチェーンの社長・浅羽拓実(中村倫也)と出会い、それが自分の運命を変えることに。

趣味でやっていたSNSでのスイーツ批評が浅羽の目に留まり、それがきっかけでコンビニオリジナルの「一番売れる」スイーツ開発を手掛けることになる。

コンビニチェーンの社長とアルバイト。

「スイーツなんて何も知らないくせに!」

「企業として勝たなくてはだめだ!」

とそれぞれ歯に衣着せぬ物言いで、ことあるごとに立場を超えて対立する2人だが、コンビニスイーツの開発を通して、次第にお互いを意識し惹かれあうように・・・。

スイーツ開発の行方は?

そしてコンビニチェーンの社長とアルバイトの恋の行方は!?

ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」4話のあらすじ・ネタバレ

浅羽(中村倫也)と里保(石橋静河)が抱き合っているところを見てしまった樹木(森七菜)。

開発したシュークリームが発売され、社長室に呼び出されるが、浅羽を直視できない。

そんな中、新たなプロジェクトが立ち上がる。

里保をリーダーに樹木と新谷(仲野太賀)の3人は、リンゴを使ったスイーツ作りの開発に取り掛かることに。

しかし浅羽と里保のことが気になり、樹木は作業に集中できずにいた。

一方、新谷は里保から「浅羽に抱きしめられた」と聞き・・・。

ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」5話のあらすじ・ネタバレ

新谷(仲野太賀)からの突然のキスに戸惑う樹木(森七菜)は、里保(石橋静河)と一岡(市川実日子)に“友達の話”として相談を持ちかける。

だが、話の流れで里保が浅羽(中村倫也)と復縁を望んでいることを知り、複雑な気持ちになってしまう。

そんな中、ココエブリィ本社に経済誌とテレビから密着取材が申し込まれる。

社長の浅羽と一緒に取材を受けることになり、慌てふためく樹木は・・・。

一方、樹木への恋心を自覚した新谷は、スイーツのリサーチと称して樹木を遊園地に誘う。

そして同じ頃、里保も浅羽の携帯にメッセージを送り・・・。

ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」6話のあらすじ・ネタバレ

ココエブリィ本社では、浅羽(中村倫也)を背信行為として退陣させた神子(山本耕史)が社長代行に就任し、徐々に旧体制に戻ろうとしている。

スイーツ課では、樹木(森七菜)は心ここにあらずの様子。

里保(石橋静河)がプロジェクトリーダーを務めるりんごのプリン=アップリンの開発も中止になり、次の企画へ方針転換が言い渡されその対応に追われていた。

見かねた新谷(仲野太賀)は、樹木を誘い浅羽の自宅へと押しかけるとそこには・・・。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「この恋あたためますか(恋あた)」4話から6話までのネタバレ・感想

樹木(森七菜)は里保(石橋静河)と浅羽(中村倫也)が元恋人だった過去を知り、ショックを隠しきれない。

浅羽への思いそのものが仕事へのモチベーションに繋がっていたのだから当然です。

隠しきれない感情が新谷(仲野太賀)にも伝わり、初めてリーダーとしてチームをまとめなければと気負う里保の心も沈めていく。

バラバラの気持ちから生まれたスイーツは、3人の関係性をそのまま詰め込んだようなまとまりのないりんごプリンに・・・。

そんなピンチを脱するきっかけは、それぞれが信頼できる人に相談したことだった。

樹木は同居人のスー(古川琴音)に、里保は浅羽に、新谷は店長の上杉(飯塚悟志)と碓井(一ノ瀬颯)に、それぞれ偽りのないホンネを話す。

ぐちゃぐちゃになった頭の中を整理するには、まずは取り出して、何が絡まっているのかを見極めること。

1人で難しいときには、誰かを頼ることが大事なのだ。

樹木はスマホに保存した浅羽との2ショット写真を削除し、浅羽に里保と「お似合いだ」と伝える。

そんな自分が少し誇らしくなったのか、樹木の表情がちょっぴり大人びて見えた。

職場にプライベートな感情を全てぶつけてきた樹木の心が、ひとつ整理された証。

たとえ浅羽と恋愛関係にはなれなくても、そばにいられる毎日を選ぶ。

まだ心は痛むけれど、自分の良さを見出してくれた人をガッカリさせたくないから・・・。

一方、里保は“ダメなところがあるからこそ伸びしろがある”と浅羽に励まされ、改めて努力を続けていくことが自分の良さだと気づく。

樹木の斬新なアイデアを形にするためにも、自分の知識と経験をかけ合わせていく必要があるのだと、存在意義を再確認することができた。

なぜなら里保が目指しているのは、たった1つのデザートを作るパティシエではなく大量生産ができるコンビニスイーツの開発者なのだから。

そして、新谷は“自分が自分じゃなくなるのが恋”という店長の言葉通り、思わぬ行動に出た。

それは、出張の帰りに里保と浅羽に気をつかって帰る樹木を送り届けたときのこと。

いつもどおり「おやすみ」と別れるかと思いきや、不意打ちのキスをする。

「今の関係を壊したくない」と浅羽への恋心に蓋をした樹木に対して、行動をしなければ何も始まらない・・・と考えた。

また、里保も勇気を出して素直に浅羽の手を握ろうとする。

だが、ちょうどそのタイミングで浅羽のスマホが鳴る。

相手は『ココエブリィ』創業者一族の清水香里。

神子(山本耕史)の見立てでは、浅羽が創業者一族の懐に入り『ココエブリィ』の株を派手に売り飛ばそうとしているとのこと・・・。

もしかしたら神子の言う通り、全ては利益を生むための戦略だという見方もできなくない。

スイーツ課から改革を始めたのも、里保がいればテコ入れをしやすいと考えたからかもしれない・・・。

樹木には「売れるほうの味方」だと発言したこともあった。

新谷なら、どこまでも味方でいてくれるという読みがあるのかも・・・。

だが、あの里保への切ない眼差しは、樹木に「数字を動かすだけのしごと」と吐露した姿は、新谷との「(人気店に)誘ってるのか?」と冗談を言い合う様子は・・・どれも偽りのない本心であると信じたいばかりです。

「特別になりたい」

恋をするとは、その人の特別になりたいと願うことだ。

その人を幸せにしたいと強くなれるということ。

自分を飾ることなく本音が言えるということ。

そして「社員と社長」という大義名分がなくなっても、また会えるということ・・・。

恋の四角関係が一気に動き出す。新谷(仲野太賀)は樹木(森七菜)に、里保(石橋静河)は浅羽(中村倫也)に、それぞれ想いを告白。浅羽への恋心を封印し、「社員と社長」として毎日会える関係を選んだ樹木だが、新谷の告白をすぐに受け入れることはできない。

もちろん新谷も、樹木が同じ気持ちでいるとは思っておらず、「今すぐじゃなくていい、いつか・・・」と、寄り添う優しさを見せる。

樹木にとっても、新谷は一緒にいて楽しい相手。

でも、樹木の心の中にいる「特別な人」は相変わらず浅羽なのだ。

だから、とっさに出たのは「ありがとう」の言葉と、なんとも曖昧な笑顔だった。

一方、里保は浅羽との復縁に成功。

どうやら里保と浅羽が過去に恋人としてうまくいかなかったのは、里保が「いい彼女」になろうとして溜め込んでようだ。

今度は素直に「ワガママを言う」と宣言する里保に「覚悟しておく」と言って笑う浅羽。

だが、里保の「なぜ甘いものが嫌いになったの?」という問いに対して「食べ過ぎたから」と話すのだが、どうも歯切れが悪い。

本音で付き合っていきたいという里保に対して、浅羽の心は同じところを向ききれていないように感じる返答だ。

その本当の理由は、同じ質問をした樹木への答えで明らかになる。

里保に伝えたように「食べ過ぎた」と話す浅羽の言葉を、嘘だと言って食い下がる樹木。

浅羽は怪訝な顔をするも、樹木の勢いにつられてクリスマスケーキの苦い思い出を語り始める。

家族団らんを心から欲していた幼少期。

唯一、両親が顔を合わせるクリスマスに想いを込めてケーキを作ったのに食べてもらえず、その日から甘いものもクリスマスも嫌いになったと。

樹木には「本音」を、里保には「建前」を。

だが、「特別な人」は里保で、樹木はあくまでも「社員」。

そのちぐはぐな状況に、視聴者としてはやきもきせずにはいられない。

さらに、秘密裏にすすめていた神子(山本耕史)による社長解任劇。

知らせを聞いて、樹木はとっさに浅羽の元へ走り出す。

里保は恋人で、新谷も友だちだから、社長じゃなくなってしまったとしても浅羽にいつでも会える。

でも、自分は「社員と社長」じゃなくなったら会える理由もなくなってしまう。

恋心を諦めてまで、必死に掴んだ唯一の繋がりなのに・・・と。

その手には、約束のりんごプリン。

樹木がスイーツを作るときは、いつだって浅羽のことを想って作ってきた。

浅羽に「うまい」と言ってもらいたい。

そして、そんな日々が続くのが樹木にとっての夢だった。

涙を浮かべて訴える樹木の様子からも、浅羽への想いは明らか。

だが、浅羽は切ない眼差しで「ありがとう」と告げるだけ。

その言葉に、樹木が新谷に告げた「ありがとう」がリフレインする。

そして、受け取ってもらえなかったりんごプリンは、かつて浅羽が家族に振り落とされてしまったクリスマスケーキとも重なって見えた。

食べてもらえなかったスイーツは、届かなかった愛情なのだ。

笑顔になってほしい、一緒に食べて幸せを分かち合いたい・・・私たちはスイーツを贈るときに期待しているのは、そのものの美味しさだけではなく、相手に愛情が伝わること。

それを知っているからこそ、無残に床に落ちたスイーツに、「もったいない」とは別の角度で心が痛む。

シュークリームに続いて、りんごプリンも受け取ってもらえなかった樹木。

だが、樹木がスイーツを通じて見せてきた熱意は、確実に浅羽の心を動かしてきた。

『ココエブリィ』をエクサゾンに売る計画を止めたのも、樹木と「社員と社長」の関係を続けていく場所を手放したくなくなったからだろう。

浅羽にとって樹木は、恋人でも越えることのできない心の囲いを、やすやすと飛び越えてくる唯一無二の存在。

とっくに“特別な”社員であることは確かなのだ。

だが、それが恋と呼べるものかどうかはまだわからない。

だから、うかつにスイーツは受け取れない。

その重みが、わかっている浅羽だからなおさらだ。

むしろ「社員と社長」の場さえ守れなかった自分に、そのスイーツを受け取る資格がないと思ったのかもしれない。

苦しくて、切ない展開で幕を閉じた第5話。

だが、第6話の予告映像を見ると、なぜか浅羽がコンビニ店員になっているではないか。

しかも、そのそばには嬉しそうな樹木の姿が・・・。

「社員と社長」という繋がりが変わっても、2人の縁は続きそうで安心した。

さらに、急接近している2人の様子も確認できる。

何がどうして、そうなっているのか・・・。

第6話では、樹木(森七菜)の切ない想いが、〈夜を泳ぐように過ごしたあの瞬間を このスノードームみたいに閉じ込められたら〉と歌うSEKAI NO OWARIの「silent」にリンクして響く。

浅羽(中村倫也)とは「社長と社員」の関係性でしか繋がっていない樹木は、社長の座を追われた浅羽とはもう2度と会えなくなるかもしれない・・・と、決死の思いで追いかけた。

受け取ってもらえなかったプリン、そして口をついて出た「好き」の言葉もそのままに、浅羽の乗る車は走り去ってしまった。

ところが、新谷(仲野太賀)と共に向かった浅羽の自宅であっさり再会する羽目に。

浅羽の態度を見るに、どうやらあの言葉は聞こえていなかったようだと思った樹木は、浅羽を強引に『ココエブリィ』上目黒店へと連れ出す。

何の弁明もせずに会社を去った浅羽が、このままでは心が腐ってしまうと思ってのこと。

樹木も地下アイドルをクビになって同じ思いをしていたときに、浅羽にもう一度動き出すきっかけをもらった。

今度は、樹木が浅羽にとってそのきっかけを作れたらと願いながら。

初めて着る制服、一緒に働く仲間、直接聞くお客様の声・・・これまで机上のデータでビジネスを動かしてきた浅羽にとって、『ココエブリィ』での日々は新たな発見の連続だった。

売上や話題を作る前に、もっと大事な「届けたい」という思いが、浅羽の中に育まれていく。

お客様を待つだけではなくお店の方から出向いていく、そんな移動式のコンビニがあってもいいのではないかとビジネスアイデアが浮かんでくる。

樹木と一緒にいると、浅羽は彼自身が想定した自分以上の自分に出会うことができる。

そのことに気づいたのは浅羽本人よりも、恋人の里保(石橋静河)が先だった。

新谷から「好きな人にはかっこ悪いところを見せたくないからだ」と言われても、自分には見せない弱いところを樹木には見せていると思うと、やはり穏やかではいられない。

そんなときに浅羽が『ココエブリィ』のメンバー、そして樹木と温泉旅行にいったという知らせを聞く。

恋人であるはずの自分が、一番彼のことを理解していたいのに。

一番に何でも話してほしいのに。

気づけば、いつも樹木が浅羽の心の扉を開けているように思えて、落ち込む里保。

その姿を見て、樹木に想いを寄せる新谷も気持ちが揺れる。

これまではかっこ悪いところは見せたくないと、見栄を張ってきたけれど、そんなことをしている場合ではないのでは、と。

恋は、好きになってもらいたい、特別な存在になりたい、頼りにされたい・・・と、まずは自分のことを相手に受け入れてもらいたいと願ってしまう。

だから、全てを見せられなかったり、踏み込んだ話ができなかったりするのは、相手を大事にしているように見えて自分が傷つきたくないという、独りよがりなエゴだったりする。

相手を気遣うことは大前提として、自分の弱いところも、カッコ悪いところも、ときにはぶつかってでも、素をさらけ出して、それでもお互いをリスペクトし合えたら・・・それが2人で恋をあたためるということなのかもしれない。

幸せな恋とは、例え1人で震えそうな夜でも、2人で過ごした瞬間を思い出すと心があたたかくなるものだから。

浅羽への想いをどうしても封印できない樹木。

恋人になった途端に心が乱される里保。

自分を奮い立たせる新谷。

そして、実は樹木の告白が聞こえていたと明かした浅羽。

〈自分の鼓動が響いている〉エンディングに、「ここで終わらないで!」と悲鳴を上げた視聴者は少なくなかったに違いない。

だが、予告編を見ると、またもやあっさりと日常が続きそうな気配も。

どうやら、この四角関係のラブストーリーはクリスマスがXデーとなりそうだ。

イルミネーションが輝き、ますますロマンティックな季節がやってくる。

果たして、誰と誰がケーキと共に甘い時間を味わうことができるのか。

そして、このドラマを観る全ての人が、幸せな恋をしたような、あたたかな気持ちでクリスマスを迎えられる展開を期待している。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

スピンオフドラマ「その恋もう少しあたためますか?」も配信中!

「この恋あたためますか(恋あた)」4話5話6話の無料動画・見逃し配信は?

動画配信サービス「Paraviパラビ」では、「この恋あたためますか(恋あた)」のスピンオフドラマである、「その恋もう少しあたためますか?」も絶賛配信中です!

『この恋あたためますか』は、夢破れたコンビニアルバイトとコンビニチェーン社長が、「一番売れる」スイーツの開発を通して惹かれあっていくというオリジナル脚本の「スイーツ×ラブ」ストーリー。

森が主人公のコンビニ店員・井上樹木を演じ、コンビニチェーンの社長・浅羽を中村倫也が演じる。

本編では、そんな2人が、ひょんなことからコンビニオリジナルの「一番売れる」スイーツ開発を手掛けることになり、それぞれ歯に衣着せぬ物言いで、ことあるごとに立場を超えて対立し合いながら、コンビニスイーツの開発を通して次第にお互いを意識し惹かれあっていくというストーリーが展開されていく。

そして、今回パラビで配信が決まったオリジナルストーリーでは、樹木が勤めるコンビニ「ココエブリィ」で働く仲間たちと常連客の間で繰り広げられる恋物語を描くことに。

オリジナルストーリーのキャストには、古川琴音、一ノ瀬颯、佐野ひなこ、そして、東京03の飯塚悟志らが揃っており、物語の主人公は、古川演じる樹木のアルバイト仲間・スーこと李(り)思涵(すーはん)。

樹木の親友でもあるスーは、漫画家を目指して中国から日本にやってきた。

そんな彼女をとりまくバイト仲間の碓井陸斗(一ノ瀬)、店長の上杉和也(飯塚)、そして常連客の石原ゆり子(佐野)。

スーは彼らとのコンビニでの出来事を漫画に綴りながら、ペットのハリネズミ・大福と平和な日常を過ごしていたが、ある日、石原が取ったある行動をきっかけに、四人の関係が大きく動き出していくことに・・・という物語が展開していく。

物語は、「ココエブリィ」での毎日を綴る「スーの漫画日記」の目線で展開される。

劇中では中国語で描かれているが、Paravi公式サイトでは日本語版の漫画日記を掲載予定だ。

また、オリジナルストーリーには、ドラマ本編の出演者も登場。

第1話には、『この恋あたためますか』で主演を務める森七菜の出演シーンも。

森が演じる樹木は、親友であるスーとルームシェアをしており、オリジナルストーリーの第1話でも彼女たちの仲の良いやり取りを垣間見ることができるという。

さらに、スーのペットのハリネズミ・大福の活躍にも注目だ。

番組公式SNSや、Paravi公式Instagramでも随時写真や動画をアップされています!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「この恋あたためますか(恋あた)」を楽しもう!

好きなドラマは何度だって繰り返し見たいものです。

最新話だけを一週間以内に見ないといけないような見逃し配信サービスでは満足できないですよね?広告も多いですし・・・。

だからこそ、たっぷりと好きな作品を楽しむために動画配信サービス「Paraviパラビ」を利用してください!

好きな作品をたっぷり何回でも楽しみましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 
【朝ドラネタバレ一覧】

朝ドラ「純情きらり」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おかえりモネ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おちょやん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ちゅらさん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「澪つくし」のネタバレはこちらから


-エール
-

Copyright© 朝ドラネタバレ動画プラス「patin」 , 2021 All Rights Reserved.