朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報、無料動画を見る方法などを紹介

朝ドラネタバレ動画プラス「patin」

花子とアン

「TOKYO MER走る緊急救命室」9話10話の無料動画・見逃し配信の無料視聴方法は?

投稿日:

「TOKYO MER走る緊急救命室」9話10話の無料動画・見逃し配信の無料視聴方法は?

朝ドラ「花子とアン」に出演していた鈴木亮平さんが主演を務めるTBSドラマ日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の9話、10話のあらすじやネタバレ、キャスト情報や無料動画や見逃し配信を無料視聴する方法について紹介していきたいと思います。

このドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」は放送が進むにつれて視聴率が右肩上がりに上昇していく稀なドラマです。

ドラマの放送が進むにつれて、過去に放送された放送回をもう一度見たい・・・と思うのはドラマ好きとしては当たり前の感情ですよね?

けど、見逃し配信の動画サービスなどでは、配信が開始されてから一週間しか見ることができません!!

先生
見逃してしまった話や、過去に放送された放送回をまた見たい場合どうしたら良いの?

もう一回見ることなんて出来ないの?諦めた方が良いの?

そんな時に役立つ唯一の方法があります!!

またドラマを1話から見返したかったり、見逃してしまった話を見たいという時に役立つのが、TBSドラマ日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」を配信している動画配信サービス「Paraviパラビ」です。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

動画配信サービス「Paraviパラビ」なら見逃し配信も全話配信も見放題!

通常の見逃し配信のサービスでは最新話は一週間で消えてしまいますが、動画配信サービス「Paraviパラビ」ならそんな心配はありません!

しかも、無料期間を利用すれば無料で動画をたっぷり全話楽しめるのもかなりのメリットです。

見逃し配信も全話配信も無料で楽しむことができる動画配信サービス「Paraviパラビ」はかなり便利です!

更に、動画配信サービス「Paraviパラビ」の強みとしては、無料期間だけの利用・期間中の解約もOKで、CM広告なしでフル動画を快適に視聴することができます。

更に、スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応で、見たい動画をダウンロードしておけば、オフラインでの視聴も可能という通信制限を気にしなくても済む使用になっています。

また、動画配信サービス「Paraviパラビ」ではTBSのドラマの限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信中なので、テレビでは見ることが出来ないオリジナルのドラマを楽しむことが出来るのも大きなメリットです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

動画配信サービス「Paraviパラビ」はドラマやアニメが豊富に見れる!

動画配信サービス「Paraviパラビ」では、過去に放送されたドラマやアニメ、また最新のドラマやアニメ、映画などが多く配信されているので、飽きることなく楽しむことができます!

動画配信サービス「Paraviパラビ」で配信されているドラマやアニメを抜粋して紹介したいと思います。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛
・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

などなど、これらのドラマやアニメが、スマホ、PC、テレビ、タブレットなどで余すことなく楽しむことができます!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」9話のあらすじ・ネタバレ

外国大使館で二酸化炭素中毒事故が発生!

出動したMERに「大使館内は各国の領土であり、許可なく立ち入れない」という法律の壁が立ち塞がる。

一方、都知事・赤塚梓(石田ゆり子)は持病で倒れてしまう…指揮官不在の中、救助に向かった喜多見幸太(鈴木亮平)とレスキューの千住幹生(要潤)が患者とともに地下駐車場に閉じ込められた!

時間が経つにつれ酸素は薄れ、患者の容体は悪化…絶体絶命のピンチに、命を救うため危険な賭けに挑む!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」9話のネタバレ・感想

国益と人命、優先すべきはどちらか?第9話は大使館が舞台になった。

消火設備の点検中、消火用の二酸化炭素が噴出し、作業員に二酸化炭素中毒のおそれがあると通報が入った。

大使館や在外公館は条約による外交特権で、敷地内に入るためには大使の許可が必要になる。

入ろうとする喜多見(鈴木亮平)を音羽(賀来賢人)は「勝手に入れば国際問題になります」と押しとどめる。

不在の大使の許可が得られない中、赤塚都知事(石田ゆり子)が病床から救助の決定を下す。

医療ドラマとしての本作には3つの特色がある。空気に含まれる二酸化炭素は、濃度が3%で頭痛、めまい、吐き気が起こり、7%で意識を失い、20%を超えると中枢神経が損傷し死に至る。

これまでの各話では、自然災害や事故、建物の損壊など目に見える脅威が立ちはだかったが、第9話では目に見えない気体を相手に迫真の演技が繰り広げられた。

酸素ボンベやガスマスクを装着し、倒れている中毒患者にトリアージと応急処置を行う一連の動作は、本作を特徴づける息つく間もないスピードと一刻を争う緊迫感に満ちていた。

2点目として、生命の尊厳という大文字のテーマを正面から扱っていることが挙げられる。

そのことは各話のストーリーとTOKYO MERのミッションである「死者ゼロ」を通じて端的に表現されているのだが、倫理的で堅いテーマを大上段から説くのでなく、ほとばしる熱量とMERメンバーの絆によって表現する点が巧みだ。

命を救うのがヒーローというメッセージを通して、コロナ禍にあってごく自然な形で命の尊さを伝えている。

第9話では、喜多見とスピリットを共有するレスキュー隊隊長の千住(要潤)が、大使館の地下に取り残されながら決死の救出活動を行った。

災害現場で死の淵にある命を救うことは、同時に自らの命を死の危険にさらすことを意味する。

危機管理対策室長の駒場(橋本さとし)が「自分の命を優先させたらレスキューじゃないんだよ!」と叫んだとおりだ。

ヒーローマインドを体現する鈴木と要の演技には、わかっていても引き込まれる熱量があった。

政治的な側面がドラマの重要な伏線になっていることも見逃せない。国と東京都の対立を背景に、赤塚の特命で設置されたMERは当初から政治的な争点をはらんでいた。

ここに喜多見個人の履歴を重ねることで、二重の意味でMERは政治案件として扱われる。

実在の人物や外国人労働者の問題、大使館の外交特権は医療と政治がせめぎ合う領域だ。

ともすると単調になりがちな医療ドラマにサスペンス色を加えるとともに、守るべきものとしての生命と国益に代表されるその他の価値を対置することで、重層的にテーマに迫っている。

医療と政治の間にまだまだ掘り下げるべき内容があることを明らかにした。

国益か、それとも目の前の命か。「我々は目の前の命より、もっと大勢の人々の利益を守らなければならない」とは白金厚労大臣(渡辺真起子)の言葉。

ただひたすら目の前の命を守ろうとした喜多見は、肉親の裏切りによって多くの人々から名指しで非難される。

誰を助けたかによって、その人の正しさが決まると考えるのは、救うべき命とそうでない命があると認めることに等しい。

本来、命に差別はないはずで、この明らかな矛盾を無視した時、すでに社会は崩壊へと一歩を踏み出している。

公安の月島(稲森いずみ)が指摘する「自分の命をかけて他の誰かを守ってきた人間が、ある日突然、守ってきた人々から石を投げつけられる」状況である。

ヒーローの失墜と、その混乱に乗じて動き出すテロリスト。

MERは何を守るべきなのか?そし、それを守りきることはできるだろうか?

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」10話のあらすじ・ネタバレ

喜多見幸太(鈴木亮平)がテロ組織への関与を疑われ、出動禁止を命じられたMER。

そんな中、ある大学で爆破事件が!

救助のため駆け付けた喜多見と音羽尚(賀来賢人)だったが、それは更なる爆破テロを仕掛けたエリオット・椿(城田優)の罠だった。

爆弾を仕掛けた校舎内で重傷者のオペを行う2人だったが、SNSの噂を信じ込んだ学生達は喜多見をテロリストと疑い、とんでもない行動に…2人を襲う最大の危機。

そしてついに、初めての死者が発生する…!?

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」10話のネタバレ・感想

喜多見(鈴木亮平)の空白の1年が暴露され、MERは存続の危機に陥る。活動休止を求める声に「それはできません」と喜多見は即答。

「解散になるかもしれませんが、できる限りのことをしていくつもり」と言明する。ただし、メンバーに迷惑をかけないため「私1人でやれることをやらせていただきます」。

世間を敵に回して、たった1人の戦いが始まった。

関東医科大学の校舎に爆弾を仕掛けたとネットに書き込みがあり、予防的医療事案として喜多見は出動。

厚労省の技官でMERの解体を目論んでいた音羽(賀来賢人)は、「監督省庁の官僚として見届ける義務がある」と主張して喜多見に同行。

何のめぐりあわせか、MER解体の瀬戸際で結成された喜多見と音羽の最強バディに期待が高まった。

冬木(小手伸也)や比奈(中条あやみ)、夏梅(菜々緒)たち兼任メンバーが無線で見守る中、到着したキャンパスで爆破が起き、喜多見と音羽は負傷した学生の救護に向かう。

だが、状況はまったく予断を許さない。爆弾テロの主犯はエリオット・椿(城田優)で、椿は電話越しに教室内に協力者がいることを告げ、建物から出るなと指示。

出たらもう一つの爆弾が起動し、死者が出ると脅迫する。椿は、公安の南(三浦誠己)に民自党幹事長の天沼(桂文珍)が厚生労働大臣の時、関東医科大学を認可した際に裏金を受け取った証拠を公表するように要求。

また椿は喜多見に匿名のメールを送信していた。メールの文面は「爆破前に連絡する。変化があれば報告しろ」。

まるで仲間であるかのような文面には、喜多見をテロリストに仕立てる意図が読み取れた。

これまでの放送回では、命を救う人間はヒーローであるというメッセージが繰り返し発信されてきた。感染症によって多くの人が自宅や病院で闘病している現在、このことはどれだけ強調しても強調し足りない事実である。

では、寸暇を惜しんで診療や看護にあたってくださる医療従事者の方々の胸の内はいかばかりだろうか。第10話で孤立無援の状況で救護にあたった喜多見と音羽がその一端を教えてくれた。

教室に閉じ込められた学生たちは、SNSで喜多見がテロリストとして疑われていることを知る。喜多見は公安から椿について知っていることを吐くように言われる。

理解者がいない四面楚歌で、喜多見は「俺は医者です。命を救うのが仕事です」と救命措置に力を注ぐ。

学生たちは喜多見を疑い、資材の置かれた部屋に監禁。喜多見を信用できないという学生に音羽は「くだらない噂に振り回されてないで、あの人が何をするのか、その目で見て判断しろ!」と一喝。

戻ってきた喜多見の言葉が全てを物語っていた。

「俺たちは応援をされるためにやってるわけじゃない。どんな批判をされてもかまいません。だけど命を救うことには手を貸してほしい!」。

医者の卵である学生たちを信じて呼びかける言葉には、医療者としての矜持や誇りが込められていた。たとえ非難されても、命を救うためには全力を尽くす。

だから喜多見は椿を助けた。そんな喜多見の思いを椿は容赦なく踏みにじる。

1年前、椿が立ち去る前に喜多見にかけた言葉、「私を助けたことを必ず後悔させます」。その真意はあまりにも悲劇的なTOKYO MER発足後初の死者1名として明らかになった。

爆破予告も喜多見に送ったメールも、裏金の公表もすべてブラフで、本当の目的は別にあった。

「わかってほしかったんです。世の中は不条理だってことを」。それは喜多見の一番大切なものを奪うことだった。

生命に対して畏敬の念で接する喜多見に対して、椿は友情から仲間にしようとしたのではなく、憎悪に身を染めることでテロリストの側に引き込もうとしたのだ。

命を救うためにどんな危険もいとわない崇高な心にぬぐい去れない毒をさしのべること。生の対義語は死だが、私たちが死を恐れるのはそれが絶望をもたらすからだ。

絶望と恐怖によって生を支配するテロリストの本性がむき出しになった瞬間だった。

涼香を演じた佐藤栞里は、連続ドラマレギュラー出演は本作が初めて。ナチュラルな飾らない笑顔と『王様のブランチ』(TBS系)でおなじみの佐藤だが、本作の涼香は喜多見の空白の1年を知る家族として、またMERをそばで見守り、喜多見と音羽をつなぐ存在として回を追うごとにその重要度が増していった。

特に感情の機微を湛えた表情の演技は素晴らしく、俳優として活躍の場が広がりそうだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」のキャスト

喜多見幸太(きたみ・こうた) 演:鈴木亮平

「TOKYO MER」のリーダーで、驚異的な救命技術を持つスーパー救命救急医。

「待っているだけじゃ、救えない命がある」という強い信念で、どんなに危険な現場でも瀕死の患者の元に飛び込んでいく。

その壮絶な覚悟と救命への執念の裏には何があるのか・・・徐々に明かされていく喜多見の過去も見どころのひとつだ。

鈴木亮平のコメント

僕が演じる喜多見幸太は、患者が搬送されてくるのを待っているのではなく、自ら事故や災害の現場に駆けつけ、いち早く命を救う救命救急チーム「TOKYO MER」のチーフドクターです。そして喜多見は、命懸けで危険な現場に飛び込み、勇敢に患者さんを救おうとする情熱を持っています。

また、この作品で注目してほしいのは、オペ室を完備した最新鋭の“ERカー”が登場することです。監修の救命救急医の方々から、「理想の医療」だという声もお聞きしました。

この作品が、今の大変な状況の中で働く医療従事者の方々へのエールになればうれしいですし、一つ一つの命の大切さを改めて伝えていけるようなドラマにできればと思っています。

“日曜劇場”らしく、熱く、スケールの大きなドラマをお届けしたいと思いますので、楽しみにしてください。

音羽尚(おとわ・なお) 演:賀来賢人

救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」のチームメンバー。

厚生労働省の官僚でありながら医師でもある医系技官。若手エリート官僚として厚生労働大臣の意を受け、「TOKYO MER」に正式認可を与えないために派遣された、いわばスパイ。命懸けで救命にあたるMERチームのリーダー・喜多見に反発する。

何よりも患者の命を優先して突っ走る喜多見と冷静沈着でクールな音羽という対照的な二人。だが、実は音羽は「より多くの命を救うため、官僚として理想の医療を実現する」という熱い夢を持っていた。そんな2人がいつしか共鳴し、最高のバディとしてひたむきに命に向きあう。

賀来賢人のコメント

台本を読んで、撮影がとにかく大変になるだろうなと思ったほど、スケールがとても大きい作品です。脚本家の黒岩勉さんの「TOKYO MERのメンバーがヒーローに見えるような作品にしたい」というイメージを聞いて、すごくワクワクしています。

私が演じる音羽は、厚生労働省の官僚であり医師でもあるという複雑な役です。鈴木さん演じる喜多見とは対照的な役柄ですが、音羽には音羽なりの正義があると考えています。クールなキャラクターですが、実際のところはどうなのか、放送を楽しみにしていただければと思います。

放送を観て、また次の日も頑張ろうと思えるような作品になるよう頑張りますので、ぜひ皆様に観ていただければうれしいです。

弦巻比奈(つるまき・ひな) 演:中条あやみ

循環器外科の研修中でありながら、MERチームを兼務するよう命じられた研修医。

心臓外科医を目指す彼女は「万全の医療体制のもとで患者とじっくり向き合う」ことが医師の仕事だと信じており、瞬間的な判断ばかりが求められる救命救急にモチベーションを見出せない。さらに、命を救うためとはいえ危険を顧みず現場でオペを強行する喜多見のやり方に反発する。

だが、喜多見の凄まじいまでのオペ技術や素早い決断力、そして患者のために自らの命を懸けて事故現場に飛び込んでいく姿勢を目の当たりにし、次第に心が揺らいでいく。新人研修医である比奈の目線を通して、命に向き合う医療従事者の強烈な使命感を描いていく。

中条あやみのコメント

初めて日曜劇場に出演できる喜びを噛みしめつつも、これから闘いが始まるんだなと実感しています。これまでにも研修医役を演じたことはありましたが、本格的な医療ドラマは今回が初めてです。

救命救急の医療指導も受けさせていただきましたが、難しい医療用語や器具の使い方など覚えることが多く、共演者の方々においていかれないか不安もありました。でも、練習を重ね、みんなで力を合わせて作品を作っていくんだと思うと、もっと頑張りたいというパワーが湧いてきます。

一人一人の命を救いたいという医療従事者の方々の熱い思いを大切に、素敵で熱いドラマを皆様にお届けできればと思います。

赤塚梓(あかつか・あずさ) 演:石田ゆり子

女性初の首相候補と脚光を浴びる赤塚は、政治生命を左右されかねない困難な状況にも決然と立ち向かう人物。

まさに今の日本に求められる理想のリーダーだが、物語が進むにつれ、彼女の驚くべき真意が明らかになっていく。

蔵前夏梅(くらまえ・なつめ) 演:菜々緒

救命救急医療に精通した凄腕の看護師。喜多見の頼れる右腕として、一刻を争う救命現場に必要不可欠な存在だ。

命を守るため、時には危険を冒し、時には凛として自分の意見を主張する彼女だが、一人娘を育てるシングルマザーとしての一面もある。

高輪千晶(たかなわ・ちあき) 演:仲里依紗

喜多見と同じ病院で働く循環器外科医。

若くして世界的に名高い心臓手術のスペシャリストである。

命懸けで災害現場に飛び込んでいく無鉄砲な喜多見のやり方に批判的で犬猿の仲のように見えるが、喜多見の腕と、命を守ることへの強い使命感は認めている。そして物語が進むにつれ、2人の意外な関係が明らかになっていく。

千住幹生(せんじゅ・みきお) 演:要潤

災害や事故現場で救助活動を指揮するレスキュー隊の中でも最精鋭がそろった即応対処部隊の隊長。

救命救助のプロフェッショナルとして、医師でありながら危険な現場へと飛び込もうとする喜多見と激しく衝突する。救命救急医とレスキュー、命を救う使命を背負った喜多見と千住は互いのプライドをかけて激突するが、やがて絆を深めていく。

冬木治朗(ふゆき・じろう) 演:小手伸也

「TOKYO MER」のメンバーである麻酔科医。

穏やかな性格でチームのパパ的な存在。瀕死の患者の容態を管理し、スーパー救命救急医の喜多見のオペをサポートする重要な役割を担っている。

徳丸元一(とくまる・もといち) 演:佐野勇斗

医療機器のスペシャリストの臨床⼯学技⼠。

やんちゃなメカオタクで最新鋭のERカーの設計にも携わっており、自ら運転して災害現場へと向かう。臨床⼯学技⼠は、高度な医療機器が欠かせない現代医療において医師を支える重要な存在である。

喜多見涼香(きたみ・すずか) 演:佐藤栞里

喜多見幸太の妹。入院している子どもたちやその家族をサポートするNPO法人のスタッフで、救命救急に情熱を燃やす兄の一番の理解者。

幸太との強く温かい兄妹愛と、その絆の裏には過去と秘密が・・・。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「TOKYO MER~走る緊急救命室~」を楽しもう!

好きなドラマは何度だって繰り返し見たいものです。

最新話だけを一週間以内に見ないといけないような見逃し配信サービスでは満足できないですよね?広告も多いですし・・・。

だからこそ、たっぷりと好きな作品を楽しむために動画配信サービス「Paraviパラビ」を利用してください!

好きな作品をたっぷり何回でも楽しみましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 
【朝ドラネタバレ一覧】

朝ドラ「純情きらり」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おかえりモネ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おちょやん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ちゅらさん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「澪つくし」のネタバレはこちらから

朝ドラ「花子とアン」のネタバレはこちらから

朝ドラ「あさが来た」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ふたりっ子」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ちむどんどん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「舞いあがれ!」のネタバレはこちらから


-花子とアン
-

Copyright© 朝ドラネタバレ動画プラス「patin」 , 2021 All Rights Reserved.