朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報などを紹介

朝ドラネタバレプラス「patin」

エール

朝ドラ「エール」第11週53話あらすじネタバレ

更新日:

朝ドラ「エール」第11週53話あらすじネタバレ

朝ドラ「エール」第11週53話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

第11週の53話では、裕一(窪田正孝)は弟の浩二(佐々木宝)と再会し、また浩二から色々と言われてしまいます。

そして、音(二階堂ふみ)は三郎(唐沢寿明)の体調の異変に気付いていました・・・。

三郎は果たして何か抱えているのか・・・。

それでは第11週53話について紹介致します。

ここから裕一の父・三郎の病状のことや、浩二の気持ちなど、色々と出てきます。

あぁ、実家だなぁ・・・という感じです!

ご覧くださいませ!!

先生

朝ドラ「エール」第11週53話のあらすじ

久しぶりに実家に帰ってきた裕一(窪田正孝)を囲んで、幼なじみの史郎(大津尋葵)や元従業員の大河原(菅原大吉)など、三郎(唐沢寿明)が招いた懐かしい仲間たちが集まって宴会がはじまる。

皆が楽しく飲んでいるさなか、弟の浩二(佐久本宝)が役場の仕事から帰宅する。

浩二は相変わらず裕一に冷たく、三郎がお酒を飲んでいる事にも苛立(いらだ)っているのだった。

音(二階堂ふみ)は、三郎の体調が気になっていた・・・。

朝ドラ「エール」第11週53話のネタバレ

三郎(唐沢寿明)はといえば、上機嫌で客たちと話をしていた。

「裕一はよ、俺の才能を受げ継いだんだ。こう見えでも俺だって昔は、歌手が役者にって言われだごどもあったんだ」

そこに、仕事を終えた浩二(佐々木宝)が帰ってきた。

三郎はうれしそうに浩二に呼びかける。

「おう、こっち来ぉ!みんな集まってっぞ」

「何だよ、これ・・・」

裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)を無視して、浩二は三郎を叱り飛ばした。

「父さん・・・まだ酒飲んだのが!」

「いいじゃねえが。今夜は裕一のお祝いだ」

浩二は裕一にとがった目を向けてきた。

「よぐヘラヘラど帰ってこれだな」

「そ、それは・・・」

口ごもる裕一に代わって、音が事情を話した。

「裕一さん、福島市内の小学校の校歌を作曲したんです。そのお披露目会にご招待してくださって。裕一さん、故郷に恩返しがしたいって・・・」

「恩返し・・・?それだったらまず、親兄弟にするべぎなんじゃねえの。たった一曲売れだぐらいで、大作曲家気どりがよ。」

「・・・明日も早ぇがらもう寝る。父さんも明日、診察だろ。叱られでも知らねえがらな!」

言い捨てて浩二は奥へ向かった。

宴会のあと、音は、後片付けをするまさ(菊池桃子)を手伝おうと台所に向かった。

「いいわよ。華ちゃん見てないど」

「もう寝ましたから」

「いっつもと寝床が違あがら、夜泣きしなきゃいいげど・・・」

「華はよく寝る子なんです」

「裕一もそうだったわ。でも、浩二は、よぐ夜泣きする子でね」

まさと音は並んで洗い物をしながら話を続けた。

「その後は、裕一のほうが大変だったのよ。言葉がうまぐしゃべれないせいで、いじめられでね。」

「浩二は何でもすぐ覚える賢い子だったげど、ながなが人に分がってもらえないどごもあって」

「親って、そんなふうにずーっと子どものことを心配するもんなんですね」

「親はいづまでたっても親。きっと心配のしっぱなしよ」

「私・・・華を産んで、お義母さんがどれほど裕一さんのこと思っとったか、分かった気がします」

まさは、上京前の裕一が音楽家を目指すことに反対し、身の丈にあった幸せをつかんでほしいと言っていた。

「あなたは正しがったのよ。裕一の身の丈は、世界にとどろぐ音楽家だって言ってくれだわよね。」

「そりゃ最初は、無責任なごどをって腹が立ったげど・・・今じゃ感謝してる」

「私のほうこそ感謝してます。お義母さんがお手紙をくださったから、裕一さんも私も、福島に帰ってこられました」

まさは音のほうに向き直り、しっかりと手を握った。

「どうがこれがらも、裕一を支えでやってね」

「はい・・・。そうだ・・・ちょっと気になっとったんですけど、お義父さん、どっか悪いんじゃないですか?」

音は宴会の合間に、台所で胃が痛そうにしている三郎を見かけていた。

「ちょ、ちょっとお医者にかがってるだげよ。実は、胃潰瘍でね。心配しないで」

そう言われても心配で、音は、まさから聞いた話を裕一にも伝えた。

「ねぇ・・・もうしばらくここにいさせてもらえんかな?次いつ来られるか分からんでしょ?」

「お義父さん、お義母さんのことも気になるし、浩二さんとも、まだ全然話せとらんじゃん」

「浩二とは、昔っからずっとあんな感じなんだ。僕が自分の夢ばっかり追いかけて、家族のことは二の次、三の次にしてきたがら・・・」

裕一の部屋には、子どもの頃、浩二に土産として渡したスノードームが飾ってある。

それを見ながら裕一は、上京前に浩二からぶつけられた言葉を思い返した。

「兄さん出てったら、この家どうなっか分かってんだろ?」

やはり、このまま東京に戻るわけにはいかない。

「音がそう言ってくれんなら、あと二、三日ゆっくりしよ」

翌朝、裕一は、食事の支度をするまさに、金の入った封筒を渡そうとした。

「しばらくここにいっから、これ食費に使って」

そこに、出勤の支度を終えた浩二がやって来る。

「母さん、そんなもの、受け取んなくていいがらね」

言い捨てて玄関に向かう浩二の後を、裕一は追いかけた。

「僕と音の滞在費だよ。余ったら、父さんだぢにうまい酒でも飲ませてやって」

「何がうまい酒だよ・・・」

「浩二、父さん、何があったのが?」

「関係ねえだろ」

「待って!頼む、教えでくれ」

二人で表に出ると、浩二が裕一に小声で言った。

「・・・父さん、もう長ぐねぇんだ。胃がんだって、もう手の施しようが・・・」

「う、う、嘘でしょ・・・だって、あんなに元気・・・」

「父さんの前でそんな顔絶対すんなよ。・・・俺だって、父さんの体気遣いながら必死に隠してきたんだ。」

「ばれだら・・・ただじゃおかねえがらな!」

三郎の体調が気になりますね!

父親の病気は本当に子ども心に辛いものがあります。

裕一と浩二の気持ちは繋がるのか、そして三郎は!?54話もお見逃しなく!

先生

 
【続きのお話しはこちら】

朝ドラ「エール」第11週54話あらすじネタバレ

 
【前回の振り返り記事】

朝ドラ「エール」第11週52話あらすじネタバレ

-エール
-

Copyright© 朝ドラネタバレプラス「patin」 , 2020 All Rights Reserved.