朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報、無料動画を見る方法などを紹介

朝ドラネタバレ動画プラス「patin」

エール

朝ドラ「エール」第11週51話あらすじネタバレ

投稿日:

朝ドラ「エール」第11週51話あらすじネタバレ

朝ドラ「エール」第11週51話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

第11週の51話では、裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の子どもの華が生まれてから四ヵ月後が描かれています。

この時、裕一は娘の華に夢中なのですが、そこに故郷である福島から一通の手紙が届き、裕一の運命がまた動き始めます。

裕一は故郷である福島から飛び出してきて、これまで一度も帰る事がありませんでした。

しかし、そんな裕一も、可愛い娘の華を両親に見てもらいたい・・・音のそんな発言で動き始めます。

それでは第11週51話について紹介致します。

この51話から、裕一と父(唐沢寿明)の物語がまた動き始めます。

51話から始まる第11週、必見です!

先生

朝ドラ「エール」第11週51話のあらすじ

娘の華が生まれて4か月。

音(二階堂ふみ)は炊事洗濯や育児に追われるが、裕一(窪田正孝)は作曲よりも娘に夢中の毎日。

作曲のために出かけた喫茶バンブーでも、裕一は仕事そっちのけで、保(野間口徹)や恵(仲里依紗)、お客さん相手に娘のかわいさを自慢する始末・・・。

そんなある日、恩師の藤堂先生(森山直太朗)から福島の小学校の校歌を作曲してほしいという手紙が届く。

裕一は音に励まされ曲をつくるのだが・・・。

朝ドラ「エール」第11週51話のネタバレ

裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)は、娘を「華(はな)」と名付けた。

昭和八(1933)年一月、華が生まれて四ヵ月がたった。

音は家事と育児に追われ、裕一はと言えば仕事より愛娘に夢中で、音をあきれさせていた。

ある日、仕事そっちのけで華と遊んでいる裕一に、音が言った。

「華のことは私に任せて、仕事して。そろそろ締め切りでしょ」

「大丈夫、大丈夫。頭ん中では出来上がってっから」

「廿日市(古田新太)さんにせっつかれても知らんよ」

華と離れたくない裕一は居間で仕事をしようとするが、音に五線紙を手渡され、バンブーに行かされる。

ところがバンブーに行っても、裕一は恵(仲里依紗)を相手に華のかわいらしさを熱く語ってばかりいた。

「うちの華ちゃんはね、目は音で、鼻は僕似なんだ。あど口元も!」

「華が生まれたばっかしの頃は、高い『ラ』の音程で泣いてだんだ。これがもうかわいくて・・・」

そこに保(野間口徹)が、裕一に紹介しようと年配の常連客を連れてきた。

「お会いできて光栄です。『船頭可愛や』、毎日聴いてます。今も作曲中でしたか」

「ええ、まあ・・・」

「すごいですね、こんなところで作曲できるなんて」

「実は娘が生まれましてね、その娘どいうのが、まぁかわいくて・・・目は妻似なんですが、鼻と口元は僕にそっくりでして」

「ご両親もさぞお喜びでしょうなぁ。私も近頃孫が生まれまして、まあ、かわいくてかわいくて」

すると、保が口をはさんできた。

「裕一君、まだ一度もご両親にお孫さん会わせてないんですよ」

「それはいけません、早く会わせてあげないと!あっという間に大人になっちゃうんですから」

「はあ・・・」

裕一が帰宅すると、藤堂(森山直太朗)から手紙が届いていた。

何事かと驚いて封を開けると、福島の小学校の校歌を作曲してほしいという依頼だった。

『福島に君が作った校歌をたくさん残したい。古山君が福島の地から羽ばたいたときから、ずっと思い描いていた夢なのです!』

「故郷の校歌を作れるなんて、すてきなお話しじゃん」

音はそう言うが、裕一は戸惑っていた。

「でも、僕は、福島捨てたんだよ」

「うん。でも、裕一さんだからこそ作れる曲があると思う。それに、大恩人の藤堂先生からの依頼を断ったりしたら、罰が当たるわ!」

「そ、そだね」

音に背中を押され、裕一は徹夜で校歌を書き上げた。

譜面を送ってから数日後には、藤堂から返事が来た。

『裕一君、大変すばらしい曲を作っていただき、ありがとうございました。つきましては、関係者各位を招待し、校歌完成披露会を開催したいと思っております。奥さんや娘さんも一緒に、ぜひご参加ください』

読み終えた裕一が、音に尋ねた。

「こ、これって、福島に帰ってこいってごどだよね」

「たぶん・・・」

この日届いた郵便の中には、まさ(菊池桃子)からの手紙もあった。

『裕一へ。ご無沙汰しております。皆さん、お変わりありませんか?さて、藤堂先生から、裕一が小学校の校歌を作曲したと聞きました。お仕事も順調のようで、家族一同、裕一のことを誇らしく思っております。どうぞこの機会に、ぜひ三人で福島に来てはいかがですか』

母の優しい言葉を読んでも、裕一は決心がつかなかった。

福島を、そして家族を捨ててきた自分に帰る資格があるのかと、どうしても心が揺らいでしまう。

深夜まで考え込んでいると、音がやって来た。

「ねえ、やっぱり福島に行ってみん?華に、おじいちゃん、おばあちゃんを会わせてやりたいの。きっと、お義父さん、お義母さんも喜んでくれるわ」

「・・・ごめん、もう少し考えさせで」

そんなある日、鉄男(中村蒼)のおでん屋で裕一が藤丸と飲んでいると、木枯(野田洋次郎)がやって来た。

「木枯君は、福岡には帰ることあんの?」

「前にも話しただろ、家を捨ててきた。でも、時々、無性に母ちゃんのこと思い出すんだよね~。」

「夜中にさ、突然、母ちゃんが作ってくれた芋の煮っころがし食べたくなったりして」

すると鉄男も、亡くなった母のことを語りだした。

「俺も、時々、母親のごど夢に見るよ。ひどい父親だったげど、母親は本当に優しぐしてくれだ」

おのおのが故郷を思い、沈黙が流れた。

「どした?福島帰んのが?」

鉄男に尋ねられたが、裕一は首を横に振った。

その晩、裕一は、音と華が遊ぶ姿を写真に収めた。

二人の笑顔を見つめるうちに、裕一は身にしみて感じた。

「何かさ、僕たぢも親になったんだね」

「どうしたの?急に?」

「福島のことなんだげど・・・やっぱり、このままってわけにはいかないと思うんだ。」

「華が大きくなったときに、お父さんの故郷は福島なんだぞって、胸張って言いだいなって。」

「音はどう思う?」

「私はほら、早くにお父さん亡くなっとるでしょ?お父さんに恩返ししたかった。」

「裕一さんがお義父さん、お義母さんに孝行できるようになるといいなって」

「・・・うん。・・・帰ろ」

「うん!」

さて、実家へ帰省することに決めた裕一と音。

今、実家喜多一はどのようになっているのでしょうか。

お次の52話をお見逃しなく!

先生

 
【続きのお話しはこちら】

朝ドラ「エール」第11週52話あらすじネタバレ

 
【前回の振り返り記事】

朝ドラ「エール」第10週50話あらすじネタバレ

-エール
-

Copyright© 朝ドラネタバレ動画プラス「patin」 , 2020 All Rights Reserved.