朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報などを紹介

朝ドラネタバレプラス「patin」

エール

朝ドラ「エール」第10週47話あらすじネタバレ

投稿日:

朝ドラ「エール」第10週47話あらすじネタバレ

朝ドラ「エール」第10週47話のあらすじとネタバレを紹介していきます。

第10週の47話では、裕一(窪田正孝)は高梨一太郎(ノゾエ征爾)が書いてくれたのは『船頭可愛や』という詞に曲をつけます。

これが今度こそ売れるか!

いや、廿日市(古田新太)に採用してもらえるか!?

それでは第10週47話について紹介致します。

木枯に良い出会いをさせてもらった裕一。

この出会いを裕一は活かせるのか!?

先生

朝ドラ「エール」第10週47話のあらすじ

木枯(野田洋次郎)が自身のヒット曲「酒は涙か溜息か」を作詞した高梨一太郎(ノゾエ征爾)を裕一(窪田正孝)に紹介するために連れてくる。

高梨は裕一の「福島行進曲」を聞いて、自分の詞の「船頭可愛いや」に曲をつけてほしいと頼みに来たのだ。

一方、音(二階堂ふみ)は記念公演に向けて稽古に励むが、なかなかうまくいかない。

居残りでひとり練習をしていると、環(柴咲コウ)が現れコツをアドバイスして音を励ます。

朝ドラ「エール」第10週47話のネタバレ

高梨一太郎(ノゾエ征爾)が書いてくれたのは『船頭可愛や』という詞だった。

裕一(窪田正孝)はこれを気に入り、帰宅後すぐに曲作りに没頭する。

「お疲れさま。一息入れたら」

お茶をいれてきた音(二階堂ふみ)に、裕一は意気込みを語る。

「さすが高梨先生だよ。せっかく木枯(野田洋次郎)がつないでくれだ縁だし、頑張んないとね」

「うん。楽しみにしとる」

「音のほうは、稽古どう?」

「うーん。難しいね・・・正確に歌うことと、表現をすることを両立させるって、なかなか大変」

「技術に関しては、意識しなくても自然にできるようになるまで、繰り返し練習するしかないがもね。頑張って」

「そうだね。そうだよね。ありがと、裕一さんもね」

だが翌日の稽古でも、音は演出家の黒崎から注意されてばかりいた。

稽古が先に進まないため、出演者の中には不満そうな者もおり、音は焦りを感じる。

放課後も一人レッスン場に残って自主練習をしていると、双浦環(柴咲コウ)がやってきた。

「息を吸うタイミングが、そもそも違うのよ。ここ。このタイミングで」

環は楽譜を指して、じきじきにアドバイスをくれた。

「ここの高音は、つむじを意識して。天井から引っ張られる気分で。同時にのどを開いて」

言われたとおりにしてみると、高音がきれいに出た。

「そう!それ」

さらに環は、自分がパリで『椿姫』の舞台に出演したときのレコードを音にくれた。

「よかったら参考にして。本場の舞台を直接見るのがいちばん勉強になるんだけどね。できれば海外で」

「本場のオペラ・・・見てみたいなぁ・・・。夫の留学についていきたかったんですけど、留学自体がなくなっちゃって」

「確か・・・ご主人は国際作曲コンクールで賞を取られたとか」

「今はコロンブスレコードの赤レーベルで、専属作曲をしています。環先生は、流行歌なんてお聴きにならないですよね」

「そんなことないわ。いい音楽なら何でも好きよ。」

「子供の頃は長唄を歌っていたし。ご主人は、どんな曲を出されているの?」

「それが・・・まだ一枚しか出せてなくて・・・実力は確かなので、後はきっかけさえあればと思ってるんですけど」

「そうね。きっかけは大事。あなたはそれをつかんだんだから、無駄にしないようにね」

「・・・はい!頑張ります!」

裕一は、『船頭可愛や』の曲を書き上げ、廿日市(古田新太)に譜面を見せた。

作詞家が高梨一太郎だと知ると、廿日市は即座に採用を決めた。

このころ、芸者がレコードを出すのが流行しており、廿日市は『船頭可愛や』も、よさそうな芸者を探して歌ってもらうと言う。

「もし売れなかったら、君もう要らないから。契約金も返済してね。一括で」

「えっ、ち、ちっと待ってください・・・」

「待ちくたびれたよ。この二年、君、全く利益出してないのよ?」

それを言われると、裕一は何も言い返せない。

肩を落として去ろうとする裕一に、廿日市はくぎを刺した。

「今度は脅しじゃねーぞ。本気だからな」

鉄男(中村蒼)は、東京で生計を立てていくために屋台のおでん屋を営むことにした。

元の店主が故郷に帰るというので、鉄男が引き継ぐことにしたのだ。

「好きなどぎ詞も書げるし、時間も融通利くがら・・・」

店に飲みに来た裕一と久志(山崎育三郎)に、鉄男はそう話した。

三人で話すうちに『船頭可愛や』のレコーディングが決まったという話題になり、芸者に歌ってもらうことになったと裕一が言うと、久志も鉄男も興味津々で身を乗り出してきた。

「どこの芸者だ?向島が新橋か?」

「裕一はもう会ったのが」

二人はレコーディング当日にも録音室にやって来た。

どんな美女が現れるのかと思いきや、やって来たのは化粧気のない、地味な女性だった。

「どうも、沼田松子です・・・じゃなかった、ええっと・・・藤丸です。よろしくどうぞ」

本物の芸者に頼むとギャラがかさむため、廿日市は下駄屋の娘である松子に、「藤丸」という名の芸者として歌うよう依頼していた。

「どうせ顔なんて見えないし、いいでしょ、芸者ってことにしちゃえば」

いざ歌い始めると、藤丸の歌唱力はすばらしく、裕一たちは圧倒された。

ところが『船頭可愛や』のレコードは、『福島行進曲』と同様、売れなかった。

コロンブスレコードは、同時に発売された別の曲に力を入れており、『船頭可愛や』はろくに宣伝されなかったのだ。

それでも廿日市は容赦なく、秘書の杉山にこう告げた。

「宣伝なんかしなくたって、いい曲なら売れるでしょ。」

「あいつとの契約は終わり。借金も返してもらう」

裕一にとって、古山家にとっての大ピンチがやってきそうです!

借金の総額は今でいうと2000万円くらい!どうなる古山家!

先生

 
【続きのお話しはこちら】

朝ドラ「エール」第10週48話あらすじネタバレ
 

【前回の振り返り記事】

朝ドラ「エール」第10週46話あらすじネタバレ

-エール
-

Copyright© 朝ドラネタバレプラス「patin」 , 2020 All Rights Reserved.