朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報などを紹介

朝ドラネタバレプラス「patin」

おちょやん エール

朝ドラ「おちょやん」11月放送開始へ!「エール」1ヵ月最終回ずれ込みか

更新日:

朝ドラ「エール」のモデル古関裕而の留学話は本当?息子から見る古関裕而とは

朝ドラ「エール」の放送が6月末に休止するために、次期朝ドラである「おちょやん」の放送時期の延期が決定しました。

NHK連続テレビ小説「おちょやん」は本来であれば、9月28日に予定していた放送開始を、約1ヵ月遅らせる11月スタートで調整しているそうです。

現在放送中の「エール」は、緊急事態宣言が解除されて以降の6月中旬をめどに撮影再開を目指しているそうです。

ただ感染予防を万全にする中での撮影となるほか、朝ドラ史上初の4K制作となっているため、編集作業にこれまでより時間がかかってしまう。

そのため、「エール」の放送が1ヵ月以上延びる可能性も視野に入れているそうです。

場合によっては2ヵ月延びて、おちょやんの開始が12月になる可能性も・・・。

「エール」の総話数を削って10月終了に収めるか、それとも「エール」を3月の年度内に終わればいい・・・として放送プランを練るか・・・そのような状況のようです。

朝ドラ「おちょやん」は既にクランクイン済み

「おちょやん」は、女優の杉咲花さんが主演を務める通算103作目の朝ドラです。

大阪放送局の制作で、4月2日にクランクインしていましたが、新型コロナウイルスの影響のため、同7日には撮影を中断していました。

という事で、1週間程度しか撮影されていない事になりますね。

これは先行き不安な状況です・・・。

朝ドラ「おちょやん」のあらすじ

明治の末、大阪の南河内の貧しい家に生まれたヒロイン・竹井千代は小学校にも満足に通わせてもらうことができず、9歳の時に、道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。

そこで目にしたのが、華やかな芝居の世界。

彼女は女優を志し、芝居の世界に飛び込んでいく。

そして、京都の映画撮影所などを経て、大阪で新しく生まれた「鶴亀家庭劇」に参加する。

そこで、喜劇界のプリンス、天海一平(あまみいっぺい)と結婚。喜劇女優として少しずつ成長していく。

千代は一平と二人三脚で理想の喜劇を目指して奮闘するが、戦争が始まり、道頓堀は空襲を受ける。

戦後、劇団は「鶴亀新喜劇」として復活するが、結婚生活は破綻。

彼女は芝居の世界から去ってしまう。

しかし、ラジオドラマへの出演をきっかけに、女優として不死鳥のように復活する。

そのラジオドラマで、12人の子どもを抱える母親役を演じると、大家族をめぐる泣き笑いの物語が大きな反響を呼び、10年にわたる人気番組となった。

そして、彼女は「大阪のお母さん」として絶大な人気を獲得し、名実共に上方を代表する女優となっていく。

朝ドラ「エール」と「おちょやん」の今後

朝ドラ「エール」と「おちょやん」が今後どのような形で放送されるか、放送時期がどうなるのかはまだ決定されていません。

緊急事態宣言が5月末で解除されるのかどうか・・・それにもよると思いますので、明確な事は6月中にはわかってくると思います。

これから続報が入り次第紹介したいと思います。

-おちょやん, エール
-,

Copyright© 朝ドラネタバレプラス「patin」 , 2020 All Rights Reserved.