朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報、無料動画を見る方法などを紹介

朝ドラネタバレ動画プラス「patin」

だんだん 梅ちゃん先生

「#家族募集します」3話4話の無料動画・見逃し配信の無料視聴方法は?

更新日:

「#家族募集します」3話4話の無料動画・見逃し配信の無料視聴方法は?

朝ドラ「だんだん」「梅ちゃん先生」に出演していた木村文乃さんが出演するTBSドラマ「#家族募集します」の3話、4話のあらすじやネタバレ、キャスト情報や無料動画や見逃し配信を無料視聴する方法について紹介していきたいと思います。

このドラマ「#家族募集します」はオリジナル脚本で、どのような物語になるのか、なかなか予想もできないドラマでした!

そして出演者の仲野太賀さんが新型コロナウイルスに感染するなど、今後どうなるのかが不透明なドラマでもあります!

ドラマの放送が進むにつれて、過去に放送された放送回をもう一度見たい・・・と思うのはドラマ好きとしては当たり前の感情ですよね?

けど、見逃し配信の動画サービスなどでは、配信が開始されてから一週間しか見ることができません!!

先生
見逃してしまった話や、過去に放送された放送回をまた見たい場合どうしたら良いの?

もう一回見ることなんて出来ないの?諦めた方が良いの?

そんな時に役立つ唯一の方法があります!!

またドラマを1話から見返したかったり、見逃してしまった話を見たいという時に役立つのが、TBS金曜ドラマ「#家族募集します」を配信している動画配信サービス「Paraviパラビ」です。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

動画配信サービス「Paraviパラビ」なら見逃し配信も全話配信も見放題!

通常の見逃し配信のサービスでは最新話は一週間で消えてしまいますが、動画配信サービス「Paraviパラビ」ならそんな心配はありません!

しかも、無料期間を利用すれば無料で動画をたっぷり全話楽しめるのもかなりのメリットです。

見逃し配信も全話配信も無料で楽しむことができる動画配信サービス「Paraviパラビ」はかなり便利です!

更に、動画配信サービス「Paraviパラビ」の強みとしては、無料期間だけの利用・期間中の解約もOKで、CM広告なしでフル動画を快適に視聴することができます。

更に、スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応で、見たい動画をダウンロードしておけば、オフラインでの視聴も可能という通信制限を気にしなくても済む使用になっています。

また、動画配信サービス「Paraviパラビ」ではTBSのドラマの限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信中なので、テレビでは見ることが出来ないオリジナルのドラマを楽しむことが出来るのも大きなメリットです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

動画配信サービス「Paraviパラビ」はドラマやアニメが豊富に見れる!

動画配信サービス「Paraviパラビ」では、過去に放送されたドラマやアニメ、また最新のドラマやアニメ、映画などが多く配信されているので、飽きることなく楽しむことができます!

動画配信サービス「Paraviパラビ」で配信されているドラマやアニメを抜粋して紹介したいと思います。

・半沢直樹
・半沢直樹2
・MIU404
・この恋あたためますか※スピンオフドラマあり
・危険なビーナス※スピンオフドラマあり
・僕はどこから
・アンナチュラル
・あのコの夢を見たんです
・共演NG
・だから私はメイクする
・中学聖日記
・白夜行
・夜行観覧車
・リバース
・キワドい2人-K2-※スピンオフドラマあり
・カルテット
・家政婦のミタ
・Nのために
・逃げるは恥だが役に立つ
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・レンタルなんもしない人
・凪のお暇
・陸王
・カンナさーん!
・下町ロケット
・ノーサイドゲーム
・おカネの切れ目が恋の始まり※スピンオフドラマあり
・ブラッディ・マンデイ
・ごくせん
・小さな巨人
・私の家政夫ナギサさん
・恋はつづくよどこまでも※スピンオフドラマあり
・義母と娘のブルース※スピンオフドラマあり
・テセウスの船
・大恋愛
・鬼滅の刃
・夏目友人帳
・浦安鉄筋家族
・おそ松さん
・NARUTO
・BORUTO
・フルーツバスケット
・銀魂
・ダイの大冒険

などなど、これらのドラマやアニメが、スマホ、PC、テレビ、タブレットなどで余すことなく楽しむことができます!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「#家族募集します」3話のあらすじ・ネタバレ

めいく(岸井ゆきの)と大地(三浦綺羅)親子が暮らし始めて賑やかになった“にじや”。

なんだかんだ言いつつも、俊平(重岡大毅)と礼(木村文乃)も頻繁ににじやに顔を出すようになっていた。

蒼介(仲野太賀)は、俊平と礼に、改めて「ここで一緒に暮らそう」と提案!

しかし、礼は「誰にも頼りたくない」と蒼介の申し出をあっさり却下。

一方の俊平も、みどりと一緒に住んでいた家を引き払う気にはなれず、にじやに住むことをためらっていた。

俊平は妻・みどり(山本美月)が亡くなったという事実を、息子・陽(佐藤遙灯)に伝えることができず、思い悩んでいた。

そんな俊平の思いを汲み取ったにじやの面々は、お節介な蒼介を筆頭に、それぞれの方法で俊平に寄り添うことに。

“家族”の優しさに背中を押され、俊平は陽に向き合おうと心に決めるが……。

ドラマ「#家族募集します」3話のネタバレ・感想

毎回まるで1本の映画を見るかのように、一つずつ丁寧に壁を乗り越えていく姿が描かれる本作。

第3話では、いよいよ主人公・俊平(重岡大毅)が、息子・陽(佐藤遙灯)に、母親・みどり(山本美月)の死を告げることを決心する。

絵本作家であり、ヨーロッパで取材中に不慮の事故で帰らぬ人となってしまったみどり。俊平は陽に100日以上、その事実を伝えられずにいた。

それは、幼い陽にどう話したら母の死が理解できるのかという模索以上に、俊平自身が最愛の妻の死を受け入れるの時間が必要だったのではないだろうか。

陽に伝える日は、すなわち「いつか帰ってくる」という夢の時間の終わりを意味する。できることならもう少しだけ、この残酷な現実から目を背けていたい。

陽と2人でみどりが帰ってくるのを待っていたい。誰よりもそう願っていたのは俊平だったのだから。

しかし、いつまでもそんな夢の中に居続けることができるわけではない。陽に「ママはいつ帰ってくるの?」「ママはどこにいるの?」そう聞かれるたびに、話をそらさなければならない心苦しさ。

きっとこのままごまかし続けていけば、大好きなはずのママの話を陽とできなくなってしまうおそれもある。

そんな俊平の背中を押したのが、にじやのメンバーだった。そのアプローチも個性が光る。世話好きな蒼介(仲野太賀)は放っておけないとみんなで悩みをシェアしようと声をかけていく。

見切り発車と揶揄されるくらいのちょっぴり強引なところも、ふさぎ込みがちなときには嬉しいもの。自分から「聞いてほしい」というのが苦手な、人に迷惑をかけたくないタイプならなおさらだ。

蒼介がセッティングした場で、俊平の隣に座ったのはめいく(岸井ゆきの)だ。蒼介が奮闘して作った“お好み焼き風パンケーキ“も「おいしくない」とバッサリ言うめいくは、俊平にも「考えてるふりして、本当は逃げてるんじゃないの?」「陽がどんな顔をするのか怖くなって、逃げてるだけなんじゃないの?」と歯に衣着せぬ物言いで意見する。

ここまで遠慮なくぶつかられては、つい俊平も本音があふれる。

「だからヤダったんだよな。グサッときた。みんなに相談したらさ、そうやって俺のやわらかいところに切り込んでくるんじゃないかって……だから相談するのも逃げてたのかな」そう言いながら、自分自身と向き合わざるを得なくなるのだった。

手いっぱいのときに助けてもらう“逃げ場所”となりながら、同時に「逃げずに立ち向かうときでは?」と背中を押すことができる……彼らが目指しているのは、そんな距離感の“家族”。

きっとめいくがこれほど真正面から意見できたのは、前回はめいくとその息子・大地(三浦綺羅)とのことで一度迷惑をかけたという“お互い様”の関係だと思えるからこそ。ぶつかりながら、腹を見せ合える間柄に彼らはなりつつあるのだ。

「他人の悩みに何か言えるなんて傲慢だと思う」「私なら自分の悩みに立ち入ってほしくない」と考えていた礼(木村文乃)も、また彼女なりのアプローチで俊平の悩みと向き合っていた。

児童心理学の専門的な意見を参照しながら、最善の方法を探っていく。そして、おやっさんこと銀治(石橋蓮司)もまた「子どもたち向けのメニューも考えないとな」と、自分のできることで、新しい家族の一員になっていく姿に胸が熱くなる。

自分の悩みは、最終的には自分でどうにかするしかない。「自己責任」が叫ばれる現代では、礼のように“他人が余計な口を出さない”ということもひとつの優しさという考え方もある。

だが、違う視点を持つからこそ気付かされることや、思わぬヒントをもらえることもある。最も近い他人として、家族がそんな心強い存在になってくれたら……そんな理想を彼らは実現しようとしているのだ。

ついに「ママは帰ってこない」「死んじゃった」と自分の言葉で、陽に真実を伝えた俊平。その様子を、涙を堪えながら見届ける一同。

「こういうふうに一緒に泣いて、一緒に笑って、1人の気持ちをみんなでシェアするのが家族だよね」と、蒼介と泣きながらキャッチボールしたときの俊平の言葉がリフレインする。

「寂しいときはね、一緒に泣こう」。そう言って陽を抱きしめる俊平を見て、涙が止まらなかったにじやの面々も、そして同じように目から熱いものがこぼれた視聴者も、この瞬間は家族になっていたように思う。

愛する人の死を受け入れて前に進んでいくことは、決して気持ちが切り替えられるということではない。むしろ、笑える瞬間を迎えるほどに「ここにいてくれたら」と一層恋しくなるもの。

また同時に、その痛みを感じるということは、それだけ愛しい人と出会えた喜びを知ることでもある。そんな複雑な気持ちの揺らぎと共に生きていくということなのだ。

泣くまいと気を張っているときよりも、ふいに気が緩んで涙があふれる日々が、この先もずっと続いていく。

その終わらない悲しみを抱えながら生きているのだと、知ってくれるだけで人は救われるものだ。一緒に泣いてくれた人なら、きっと覚えていてくれるはずだから。

そして、面と向かって涙を流していなくても、どこかで泣いているのだとそっと察してくれる、そんなやわらかな愛情が漂う“家族”に。

彼らならきっと実現できるのではないか、いや成し遂げてほしいと応援したい気持ちでいっぱいだ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「#家族募集します」4話のあらすじ・ネタバレ

ついに正式に俊平(重岡大毅)と礼(木村文乃)も「にじや」で暮らし始め、大人4人と子ども3人の和気あいあいとした暮らしがスタート!

蒼介(仲野太賀)は「にじや」に活気を取り戻すため店内を改装。めいく(岸井ゆきの)はバイトを始めたりと、それぞれが新しい一歩を踏み出していた。

そんな順風満帆な「にじや」に大事件が勃発!?

蒼介がそのままにしていた「#家族募集します」の投稿を見て、強面で威圧的な黒崎徹(橋本じゅん)と8歳の娘・いつき(板垣樹)が突然「今日から入居したい」とやって来たのだ!しかし、すでに「にじや」は満員で、新たな同居人を受け入れるスペースがなく…。

高圧的に迫る黒崎に毅然と反論する礼。

一方で、いつきの寂しそうな表情が気になる俊平たち。

ちょっとした意見の食い違いから、礼と俊平たちの間に小さな亀裂が生まれてしまう…。

そんな気まずさをどうにか修復しようと、俊平は礼とコミュニケーションを取ろうと奮闘!

すると、礼には思わぬ秘密があることが発覚して…!?

ドラマ「#家族募集します」4話のネタバレ・感想

同じお弁当を食べ、お風呂に入る順番を決めて、湯上がりの飾らない姿を見せ合う……そんな家族としての暮らしのリズムが少しずつ整ってきた3家族が描かれた第4話。

その光景はまさに平和そのもので、子どもたちの笑い声が心地よく窓から漏れ聞こえてくる。

こんな幸せな空気に包まれた家に「ただいま」と言って帰りたい、そう思うのは黒崎(橋本じゅん)の娘・いつき(板垣樹)だけでなく、テレビの前でこのドラマを楽しみに待つ視聴者も同じ気持ちではないだろうか。

順調にスタートしたように見えた4人の大人+3人の子どもの共同生活。しかし、そこに新メンバーとして黒崎がやってくる。

俊平(重岡大毅)と同じ、3カ月前にシングルファザーとなったと言うのだが、名字が違う2人。親子関係はかなり複雑そうだ。

仕事で忙しい黒崎はいつきとのコミュニケーションがうまくとれておらず、夏休みの間どのように過ごしていいかわからないと言う。

「娘を預かってほしい」と言うものの、すでにお好み焼き屋にじやの2階には新たなメンバーを受け入れるだけのスペースがない。やんわりと事情を伝えてわかってもらおうとした俊平を見かねて、礼(木村文乃)がピシャリと断った。

礼が現実的な判断をしたことに、誰も異論はなかった。しかし本当にこれでよかったのか。いつきがどれほどの思いでにじやを訪れたのか……とモヤモヤが残る。

家の中では、時折そんな議題が持ち上がるものだ。なぜなら家族単位のルールは、世間一般のそれと一致しているわけではないから。

自分たちがどうしたら快適に暮らしていくことができるのかは、自分たちで話し合って決めていかなければならない。これも家族をしていく上で避けては通れない道だ。

「あのままあの子を受け入れたほうが良かったですか? そういう空気ですよね?」

「けど、今の私たちは自分たちのことで精一杯じゃないですか。これ以上、他人の問題を抱えるなんて、お節介が過ぎます」

「え、私間違ってます?」

そんな礼に対して何も言えない俊平と蒼介(仲野太賀)。すると、礼はめいく(岸井ゆきの)に意見を求める。

これまでのやり取りを見ていると礼とめいくの価値観が正反対なのは明らか。それでも礼が、めいくの意見に耳を傾けたのは、彼女を家族の一員として意識し、その声を聞いておかねばと思っている証だろう。

「私は成り行き主義だからさ。何が良いとか、何が正解なんてわかんないや。正解とか間違いって、その人によって違うし」

「私、学生時代にシェアハウスに住んでたことあるんだけど、自分がこうしたいとか、こうじゃなきゃ、とかなるべく思わないようにしてたんだよね……それも相手にとっちゃ、ただのわがままだから」

というめいくの言葉に「私が、わがまま?」と、礼は否定されたような感覚を覚える。決して、めいくは礼を責めたくて言ったわけではない。

あくまで自分のポリシーを過去の経験をもとに語っただけだ。しかし、今回“こうじゃなきゃ”と行動したのは自分、つまり“こうじゃなきゃ”と思う=わがまま=私がわがままと、つなげて考えてしまうのだ。

「だから、間違いとか正解じゃないって話をしてんの」というめいくの言葉も届かない。こんなふうに礼の認知がネガティブに傾いたのは、“こうじゃなきゃ”と思って行動してきたのは今回だけじゃないから。

理想の家族を求めるあまり、仕事が一番の夫のもとを出て行った礼は、まだ正式に離婚をしてはいなかった。そのやわらかくて痛いところを、めいくに突かれたような気分になったのだろう。

いつだって、娘のしずく(宮崎莉里沙)のために、これが「正しい」と判断してきたつもりだった。でも、それは理想を求める自分のわがままを通しているだけかもしれない、そんな迷いを「めんどくさいよね」と俊平にこぼす。

そんな礼に「面倒くささなら僕の方が上です」と寄り添う俊平。彼もまた、妻のみどり(山本美月)が帰らぬ人になってしまったヨーロッパへのフィールドワークをすすめたのは自分だという自責の念を抱えているからに違いない。

人生には間違いとか正解とかないのだ。そうはわかっていても、本当にこれが正しかったのか、どうしたらよかったのかと自らに問うことをやめられない。

ウジウジと考えて、迷った挙げ句に感情的になって、取り繕うこともできないくらい余裕がなくなって……そんなめんどくささに付き合うことこそ家族ということなのだろう。

「礼さんのそういうところも、好きです」と俊平の口からドキッとする発言も飛び出したが、それは恋の始まりというよりも、ずっと穏やかな家族愛に近いようだ。

めいくと蒼介がニヤニヤと見つめている様子も、なんだか両親が仲良くしているのをよろこぶ兄と妹のように見えて微笑ましい。

これにて一件落着か……と思いきや、にじやにはまたも「家出をしてきた」という、いつきの姿が。そして、俊平も「みどりからの新しい宿題を見つけた」という。

まだまだ“家族”で解決していくべき問題がたくさんありそうだが、きっとやさしく解決していくに違いない。早くもまた、この家族に会いたくなる。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

ドラマ「#家族募集します」のキャスト

赤城俊平(あかぎ しゅんぺい) 演:重岡大毅

小さな絵本出版社「エッグプラント」の社員で、男手一つで5歳の息子・陽を育てているシングルファーザー。

ある事情で3か月前にシングルになったばかりで、「陽の前では笑顔でいる」という誓いを立て、明るく子育てをすることに努めているが、正義感の強さと子どもへの愛情の深さゆえに辛さや心細さを一人で抱え込んでしまうことも。

偶然再会した幼馴染の蒼介がSNSに投稿した「#家族募集します」という突飛な募集に巻き込まれ、ひとつ屋根の下で一風変わった同居生活を始めることになる。

桃田礼(ももた れい) 演:木村文乃

小学校の教師。女手一つで 5歳の娘・雫を育てているシングルマザー。

シングルであることを言い訳にしたくないという思いが強く、親にも誰にも頼らず自分一人で子育てを完璧にこなすと決めている。

職業柄、雫よりもクラスの児童たちと過ごす時間が多いことに漠然としたジレンマを抱えているが、雫との時間は「長さより質」だと自分に言い聞かせながら、子育てに仕事に孤軍奮闘している。

小山内蒼介(おさない そうすけ) 演:仲野太賀

お好み焼き屋「にじや」に住み込みで働いている店員で、俊平の学童時代の幼馴染。独身。

お節介だが、面倒見がよく憎めない兄貴肌で、人情味溢れる性格。

行動力があることが長所でも短所でもあり、思いついたらすぐ行動に移さないと気がすまない。

俊平やみんなの相談に乗って力になろうと奮闘するが、ありがた迷惑であることも多く、物事を引っ掻き回してややこしくしてしまうタイプ。

「#家族募集します」とSNSに投稿した張本人。

横瀬めいく(よこせ めいく) 演:岸井ゆきの

シンガーソングライター志望。女手一つで6歳の息子・大地を育てているシングルマザー。

バイトを転々としながら、夢である音楽活動を続けている。

マイペースで、物事をはっきり言い過ぎる性格。

極度のめんどくさがりだからやらないだけで、自称「やればできる子」。

「#家族募集します」というSNS投稿を見て大地と共に「にじや」に転がり込んでくる。

自由奔放な性格から、礼や蒼介と対立することもしばしば。

赤城みどり(あかぎ みどり) 演:山本美月

俊平の妻で、絵本作家。

俊平と共に1作目の絵本『みんなでわらおう』を出版した。

赤城陽(あかぎ はる) 演:佐藤遙灯

俊平の息子。パパとママには甘えん坊の内弁慶で人見知り。

パパの自作の戦隊モノ『トリプルファイブ』の絵を描くのが大好き。

佐山圭太(さやま けいた) 演:福山翔大

陽が通う保育園で働く保育士。

保育士としての経験は浅いが、誰にも分け隔てなく接することができるため、子どもからも親からも慕われている。

中里隆志(なかさと たかし) 演:金子大地

礼と同じ小学校で働く後輩教師。

学校での仕事を完璧にこなす礼を尊敬し、密かに憧れているが、まだイマイチ頼りない。

礼が一人で子育てしていることには、全く気づいていない。

桃田雫(ももた しずく) 演:宮崎莉里沙

礼の娘。ママに甘えたいけれど幼心に甘えてはいけない気配も感じていて、ママの顔色を見て行動する。

横瀬大地(よこせ だいち) 演:三浦綺羅

めいくの息子。ゲームがあれば黙ってママの帰りを待っていられる。

周囲には自立しているそぶりを見せるが、本当はママが大好きで、歌のうまいママが自慢。

野田銀治(のだ ぎんじ) 演:石橋蓮司

古びた店舗兼住居のお好み焼き屋「にじや」の店主。

蒼介の申し出から、「#家族募集します」の受け入れ先として2階の空きフロアを提供。

面倒見はいいが多くを語らず、俊平たちを静かに見守るみんなのおじいちゃん的存在。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 

「#家族募集します」を楽しもう!

好きなドラマは何度だって繰り返し見たいものです。

最新話だけを一週間以内に見ないといけないような見逃し配信サービスでは満足できないですよね?広告も多いですし・・・。

だからこそ、たっぷりと好きな作品を楽しむために動画配信サービス「Paraviパラビ」を利用してください!

好きな作品をたっぷり何回でも楽しみましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!Paravi(パラビ)公式ページへ

 
【朝ドラネタバレ一覧】

朝ドラ「純情きらり」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おかえりモネ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おちょやん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ちゅらさん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「澪つくし」のネタバレはこちらから

朝ドラ「花子とアン」のネタバレはこちらから

朝ドラ「あさが来た」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ふたりっ子」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ちむどんどん」のネタバレはこちらから


-だんだん, 梅ちゃん先生
-,

Copyright© 朝ドラネタバレ動画プラス「patin」 , 2021 All Rights Reserved.