朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報、無料動画を見る方法などを紹介

朝ドラネタバレ動画プラス「patin」

なつぞら

「青のSP(スクールポリス)」8話9話10話最終回結末の無料動画・見逃し配信は?

投稿日:

「青のSP(スクールポリス)」8話9話10話最終回の無料動画・見逃し配信は?

朝ドラ「なつぞら」に出演していた山田裕貴さんが出演するドラマ「青のSP(スクールポリス)—学校内警察・嶋田隆平—」の8話、9話、10話最終回結末の無料動画や見逃し配信を見る方法について紹介していきたいと思います。

ドラマの放送が進むにつれて、過去に放送された放送回をもう一度見たい・・・と思うのはドラマ好きとしては当たり前の感情ですよね?

けど、見逃し配信の動画サービスなどでは、配信が開始されてから一週間しか見ることができません!!

先生
見逃してしまった話や、過去に放送された放送回をまた見たい場合どうしたら良いの?

もう一回見ることなんて出来ないの?諦めた方が良いの?

そんな時に役立つ唯一の方法があります!!

またドラマを1話から見返したかったり、見逃してしまった話を見たいという時に役立つのが、フジテレビ火曜ドラマ「青のSP(スクールポリス)—学校内警察・嶋田隆平—」を配信している動画配信サービス「U-NEXT」です。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

動画配信サービス「U-NEXT」なら見逃し配信も全話配信も見放題!

通常の見逃し配信のサービスでは最新話は一週間で消えてしまいますが、動画配信サービス「U-NEXT」ならそんな心配はありません!

しかも、無料期間を利用すれば無料で動画をたっぷり全話楽しめるのもかなりのメリットです。

見逃し配信も全話配信も無料で楽しむことができる動画配信サービス「U-NEXT」はかなり便利です!

更に、動画配信サービス「U-NEXT」の強みとしては、無料期間だけの利用・期間中の解約もOKで、CM広告なしでフル動画を快適に視聴することができます。

更に、スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応で、見たい動画をダウンロードしておけば、オフラインでの視聴も可能という通信制限を気にしなくても済む使用になっています。

また、動画配信サービス「U-NEXT」では最新の映画やドラマ、漫画も続々配信中なので、ドラマなどを120%楽しむことが出来るのも大きなメリットです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

動画配信サービス「U-NEXT」はドラマやアニメが豊富に見れる!

動画配信サービス「U-NEXT」では、過去に放送されたドラマやアニメ、また最新のドラマやアニメ、映画などが多く配信されているので、飽きることなく楽しむことができます!

動画配信サービス「U-NEXT」で配信されているドラマやアニメを抜粋して紹介したいと思います。

・姉ちゃんの恋人
・記憶捜査2
・先生を消す方程式
・マリーミー!
・アンフェア
・僕はどこから
・アンナチュラル
・おっさんずラブ
・この男は人生最大の過ちです
・トリック
・中学聖日記
・白夜行
・おじさんはカワイイものがお好き。
・君と会えた10+3回
・竜の道
・カルテット
・科捜研の女
・Nのために
・アリバイ崩し承ります
・きのう何食べた?
・初めて恋をした日に読む話
・文学処女
・凪のお暇
・ハケン占い師アタル
・カンナさーん!
・ケイジとケンジ
・ホームルーム
・ねぇ先生、知らないの?
・未解決の女
・相棒
・小さな巨人
・エール
・半分、青い
・なつぞら
・まんぷく
・いいね!光源氏くん
・鬼滅の刃
・ハイキュー
・呪術廻戦
・犬夜叉
・おそ松さん
・TIGER&BUNNY
・ドラゴンボール超
・NARUTO
・BORUTO
・僕のヒーローアカデミア
・銀魂
・無限の住人
・弱虫ペダル
・炎炎ノ消防隊
・映像研には手を出すな!
・ダイの大冒険
・あやつり左近
・ゆるキャン△
・行け!稲中卓球部
・パタリロ!
・ブラッククローバー
・進撃の巨人
・ワンパンマン
・幽遊白書
・レベルE
・ハンターハンター
・Re:ゼロ
・メアリと魔女の花
・魔法陣グルグル
・るろうに剣心
・約束のネバーランド

などなど、これらのドラマやアニメが、スマホ、PC、テレビ、タブレットなどで余すことなく楽しむことができます!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「青のSP(スクールポリス)」8話、9話、10話最終回のあらすじ・ネタバレ

“警察官×学園エンターテインメント”の異色のコラボレーションが実現!

1話完結で“悪”を成敗する爽快感!

そして、徐々に明かされていく嶋田の“過去”と“目的”…スクールポリスは敵か?味方か!?

毎話あぶりだされる“悪”を成敗する“爽快感”が見どころの本作。

「校内に警察がいる」という特殊な設定の中で起こる事件の犯人をスクールポリスが次々と成敗していく。

「守ってやるが、容赦はしない」という言葉通り、教師でも生徒でも、法に触れれば容赦無く逮捕する嶋田は、想像を絶する解決方法でトラブルに対処する。

荒療治と思われる強引な手法だが、次第に学校や生徒の心にもさまざまな変化が起こっていく・・・。

さらに、生徒・教師・嶋田の命を狙い迫ってくるさまざまな敵と戦うシーンでは、激しいアクションが展開され、“爽快感”が倍増!

そして、気になるのは嶋田の過去と目的。

子どもたちに対し、冷酷で容赦ない面と命の危険から子どもたちを守る面の両方の顔を持つミステリアスな存在の嶋田の“秘められた過去”が次第に明らかになって行く・・・。

スクールポリスは、敵なのか、味方なのか!?

そして、警視庁捜査一課の敏腕刑事からスクールポリスとなった目的とは!?

ドラマ「青のSP(スクールポリス)」8話のあらすじ・ネタバレ

野球部のピッチャー・矢島裕(長島令玖)が、試合中に頭部にボールを受けて脳しんとうを起こす。

矢島によると、マウンドから投球する際、目にレーザーが飛び込んできたという。

矢島は友達からの信頼も厚く、恨みを買うようなタイプではない。

そのことから隆平(藤原竜也)は、学校へ報告なしで部員たちに休みなく厳しい練習を課す“闇部活”を常態化させたり、いきすぎた指導で部員の鼓膜を破裂させたこともあるという顧問の阿部(音尾琢真)に対する嫌がらせではないかと考える。

さらに、亡くなった香里(明日海りお)が、熱中症で部活帰りに誤って道路に出て、事故にあった野球部員がいると話していたことを思い出した隆平は、事故以来、学校に来られなくなった坂木司(山時聡真)の家を訪ねる。

その一方で、自らの携帯電話に送られてきた香里と涼子(真木よう子)が口論する音声データの送信元をたどると、野球部の一件と意外なつながりが見えてきて・・・。

恋人の死の真相へ近づく隆平。

香里を死に追いやったのは誰なのか・・・学校が隠し続けてきた秘密がついに明らかとなる!

そして、隆平が追い続けていた黒幕の正体も明らかに!?

「青のSP(スクールポリス)」8話のネタバレ・感想

第8話では、ついに香里(明日海りお)を殺した犯人が明らかになった。

香里と涼子(真木よう子)の会話を盗聴し音声データを隆平(藤原竜也)に送った人間と、香里の自転車のブレーキを切った人間は同一人物で、背後には香里を快く思わない黒幕の存在があった。

第8話のテーマはブラック部活。

野球部のピッチャー・矢島(長島令玖)が試合中に頭部に打球を受けて病院へ搬送される。

投球時に目にレーザーを当てられ、よけるのが遅れたためだった。

顧問の阿部(音尾琢真)は部員たちに休みなく練習をさせており、文科省の規定に違反していた。

阿部に恨みを持つ人間を調べていくと、3年の坂木(山時聡真)が部活の帰りに熱中症で倒れ、交通事故に遭っていたことがわかる。

実は、香里も坂木の見舞いに行っていた。

見るからに体育会系な阿部を見て、ハラスメントを早合点してしまった人は反省する必要がある。

「気合や根性を否定しない」阿部に対して隆平も体罰を疑うが、阿部に恨みを持っている生徒はゼロ。

「めっちゃ良い先生。殴ったりとかも全然しない」

「進路相談もめちゃくちゃ真面目に乗ってくれる」。

人は見た目ではわからないという当たり前の事実を改めて突きつけられた。

香里の死の真相を追う隆平。

これまでにもいくつか手がかりはあった。

幽霊の話をする英里(長澤樹)、退職した美術部教師の岡部(遠藤雄弥)が起こした涌井美月(米倉れいあ)への暴行事件、涼子と香里の口論。

どれも、隆平が赴任するまでは過去の記憶として葬られていたものだ。

しかし、その中に決定的な証拠はなく、点と点がつながったのは、坂木の証言で野球部のOB黒石(桜木那智)の仲間である松田宏太(水沢林太郎)が浮上した時だった。

ブラック部活と坂木の事故を引き起こしたのは、根性論でもプロになれなかった未練でもなく、理不尽な上下関係と同調圧力だった。

本当に闇が深いのは権威や肩書きを持った人間ではなく、日常的な付き合いから生じる抗いようのない関係であり、それを強要したのが未成年であることに問題の難しさを感じた。

法やルールが及ばない関係にこそ真の暴力が潜むという図式は、より本質的なものだ。

松田に自転車のワイヤーを切るように指示したのが校長の木島(高橋克実)で、木島と松田のどちらにも香里を殺す意図はなかった。

香里の死は不運が重なったもので、報われない死を前にやりきれない気持ちになる。

たしかに木島は不祥事を隠蔽してきたが、巨悪と呼べるほどの動機はなく、せいぜい保身と間違った「生徒のため」という信念にすぎない。

こんなことのために香里は死ななくてはならなかったのだろうか?

木島への制裁が何の解決にもならないことは隆平もわかっていて、涼子に「まだ終わってない」と話す。

学校内で起きる問題が予想もつかない方向へと転がっていく『青のSP』。

8回の放送を通じてわかってきたのは、学校の中と外を分けることがナンセンスであるということだ。

木島の逮捕がもたらすのはあくまで校内での解決で、問題は学校の外にも広がっている。

木島が退場して、美月が香澄(鈴木梨央)と交わした視線の意味も気になる。

香澄は美月に対してどこか気を使った、いわくありげな態度を取ってきた。

そういえば佳澄の姓は教育長と同じ尾崎。

香澄が何かを知っていることは間違いなさそうだ。

坂木役の山時聡真。

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合)で田畑政治の少年時代を、昨年の連続テレビ小説『エール』(NHK総合)では、音(二階堂ふみ)の音楽教室に来る弘哉を演じるなど活躍の場を広げている。

思慮深い落ち着いた雰囲気が今後の伸びしろを感じさせる逸材だ。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「青のSP(スクールポリス)」9話のあらすじ・ネタバレ

岡部(遠藤雄弥)による暴行未遂事件を公表しようとした香里(明日海りお)を阻むべく、生徒を脅迫して香里を死に追いやったのは、校長の木島(高橋克実)だった。

木島の逮捕で一年前の事件はすべて明らかになったかに思えたが、隆平(藤原竜也)は、事件の裏にまだ何か秘密があると考えていた・・・。

3年生のクラスでは高校受験の進路指導が始まり、涼子(真木よう子)は志望先が親の意向と異なる相良恭子(石井薫子)のことで頭を悩ませていた。

自分と同じ帰国子女が多い学校へ進学し、語学に磨きをかけたい恭子に対し、母親は家の病院を継がせるために、何としても医学部付属の高校を受験させるというのだ。

一方的な母親の言動にいら立ちを隠せない恭子は、次第に授業態度も悪くなり、見かねた涼子は恭子にある提案をする。

一方、暴行未遂事件の被害者でもある美月(米倉れいあ)の進路相談には父親が現れる。

その態度から、家庭内に問題があると考えた隆平は、美月を尾行。

すると、向かった先には思わぬ人物が待っていた。

さらに、木島の逮捕で岡部の身にも異変が・・・!?

一年前、香里は何を調べ、何をしようとしていたのか・・・。

亡き恋人の思いを胸に、隆平が事件の核心へと迫る!

「青のSP(スクールポリス)」9話のネタバレ・感想

教育の問題は難しい。

学校教育は誰もが通る道ですべての人が当事者と言える。

また生徒や教師だけでなく、家庭の問題も包含している。

ある意味、正解がないのが教育かもしれない。

なぜそう思ったかと言うと『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』(カンテレ・フジテレビ系)が「毒親」の問題を取り上げていたからだ。

毒親とは子どもに悪影響を及ぼす親のことで、子どもの人生を支配したり、直接・間接に傷つけたりする。

『青のSP』第9話には異なるタイプの毒親が登場する。

井上双葉(唯藤絵舞)の母・弥生(西尾まり)は娘に芸能活動を続けさせるため、通信制高校への進学を希望。

相良恭子(石井薫子)は帰国子女がいる学校に行きたいと思っていたが、母親の律子(堀内敬子)は、家業の病院を継がせるために医学部付属に進むように主張していた。

毒親の決まり文句は「あなたのためを思って言ってる」。

自分の価値観を押し付ける親たちには、子どもの気持ちなど眼中にない。

涌井美月(米倉れいあ)の場合は事情が異なる。

面談に現れた父親は「あぶっちゃけ俺は中卒でもいいと思ってる。進路先なんてどこでもいいんだよ」と言って娘に掴みかかる。

家庭の事情で未来を閉ざされそうになりながらも、美月は夢に向かって努力していた。

図書館で尾崎香澄(鈴木梨央)と建築の本を広げて楽しそうに話す。

その佳澄も実父である教育委員長の尾崎賢治と確執を抱えていた。

月に一度の面会で「もう帰ったら? そっちの子ども、今年お受験なんでしょ」と冷たく突き放す。

そっけない言葉の裏には、高校受験を控えて親に甘えられない寂しさが隠れていた。

香里(明日海りお)が生きていたら、毒親に苦しむ生徒たちに何と言っただろうか?

「子どもたちが苦しんでるなら、味方でいてやれ。誰のものでもない人生を歩ませてやれ」。

隆平(藤原竜也)の言葉は、毒親問題の核心も突いていた。

弥生に「親子の問題だ」と断った上で「あんたは娘を利用して人生の生き直しを図ろうとしているだけだ」と言い切る。

律子には「家族の病理は連鎖する。いま断ち切らないと、彼女は一生あんたを恨んで生きることになる」と諭す。

毒親を一方的に悪いと断じるのではなく、自身にかけられた呪いに目を向けさせた。

「私の時間返せ」と言うとき、親は自分の人生を生きていない。

それは子どもがいるからでなく、親も自分の人生を確立できずに苦しんでいるのだ。

隆平の言葉は、自分の人生をきちんと生きることが子どもに対する最高の教育になることを示していた。

嫌われたくなくて親の意向に従う子どもも、成長するにしたがい自我が芽生え、いつかは親の手を離れる。

それなら、自身の人生をしっかり歩めるように協力すべきだ。

そのための力が足りなかったり、どうしたらいいかわからない時に「やりたいことがあるなら突っ走ってみろよ」と背中を押してくれる存在は貴重である。

双葉と恭子は親子の関係を見直すことができたが、聞き入れない親を持った美月と佳澄はどうすればいいのだろう?

親に裏切られた2人は大人が信用できないものに映ったに違いない。

自力でなんとかするしかないと考えた彼女たちが、どんな手段を取るか考えたとき、三枝(山田裕貴)が口にした「大人顔負けのワル」という言葉が頭をよぎった。

「強い意志や信念を持ち、目的達成のためならどんな犠牲もいとわない化け物」。

まさかと思うが、毒親に育てられた子どもは大人に復讐し、大人を支配しようとするのではないか?

もしそうなら、そんな彼らの味方になって寄り添うことはできるのか?

法の網さえくぐり抜ける相手を前に、スクールポリスの真価が試されている。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

ドラマ「青のSP(スクールポリス)」10話最終回のあらすじ・ネタバレ

木島(高橋克実)が岡部(遠藤雄弥)に撃たれた。

1年前の事件が表沙汰になったことですべてを失った岡部が、木島を逆恨みして犯行に及んだものと思われたが、隆平(藤原竜也)は、本来なら事件の真相を暴いた自分こそが狙われるはずなのに、何かおかしいと違和感を覚える。

一方で、普段はまったく接点がない美月(米倉れいあ)と香澄(鈴木梨央)が、そろって同じ高校への進学を希望していることを知った隆平は、1年前の事件について、ある仮説にたどり着く。

もしそれが正しければ、逃亡中の岡部が次に狂気の矛先を向けるのは・・・!?

スクールポリスとして、校内にはびこる“悪”を次々とあぶり出し、成敗してきた隆平。

志半ばで亡くなった最愛の恋人・香里(明日海りお)の思いを受け継ぎ、1年前の事件の裏に隠された真実を明らかにして生徒と学校を救うことができるのか!?

この学校の生徒に守る価値があるのか・・・、隆平が最後に出した答えとは!?

「青のSP(スクールポリス)」10話最終回のネタバレ・感想

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 

「青のSP(スクールポリス)」を楽しもう!

好きなドラマは何度だって繰り返し見たいものです。

最新話だけを一週間以内に見ないといけないような見逃し配信サービスでは満足できないですよね?広告も多いですし・・・。

だからこそ、たっぷりと好きな作品を楽しむために動画配信サービス「U-NEXT」を利用してください!

好きな作品をたっぷり何回でも楽しみましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!U-NEXT公式ページへ

 
【朝ドラネタバレ一覧】

朝ドラ「純情きらり」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おかえりモネ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おちょやん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ちゅらさん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「澪つくし」のネタバレはこちらから

朝ドラ「花子とアン」のネタバレはこちらから

朝ドラ「あさが来た」のネタバレはこちらから


-なつぞら
-

Copyright© 朝ドラネタバレ動画プラス「patin」 , 2021 All Rights Reserved.