朝ドラを中心としたドラマのネタバレや出演者情報、無料動画を見る方法などを紹介

朝ドラネタバレ動画プラス「patin」

どんど晴れ なつぞら

「推しの王子様」7話8話の無料動画・見逃し配信の無料視聴方法は?

投稿日:

「推しの王子様」7話8話の無料動画・見逃し配信の無料視聴方法は?

朝ドラ「どんど晴れ」「なつぞら」などに出演していた比嘉愛未さんが主演を務める「推しの王子様」の7話、8話のあらすじやネタバレ、キャスト情報や無料動画や見逃し配信を見る方法について紹介していきたいと思います。

ドラマの放送が進むにつれて、過去に放送された放送回をもう一度見たい・・・と思うのはドラマ好きとしては当たり前の感情ですよね?

けど、見逃し配信の動画サービスなどでは、配信が開始されてから一週間しか見ることができません!!

先生
見逃してしまった話や、過去に放送された放送回をまた見たい場合どうしたら良いの?

もう一回見ることなんて出来ないの?諦めた方が良いの?

そんな時に役立つ唯一の方法があります!!

またドラマを1話から見返したかったり、見逃してしまった話を見たいという時に役立つのが、フジテレビ木曜ドラマ「推しの王子様」を配信している動画配信サービス「FODプレミアム」です。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

 

動画配信サービス「FODプレミアム」なら見逃し配信も全話配信も見放題!

通常の見逃し配信のサービスでは最新話は一週間で消えてしまいますが、動画配信サービス「FODプレミアム」ならそんな心配はありません!

しかも、無料期間を利用すれば無料で動画をたっぷり全話楽しめるのもかなりのメリットです。

見逃し配信も全話配信も無料で楽しむことができる動画配信サービス「FODプレミアム」はかなり便利です!

更に、動画配信サービス「FODプレミアム」の強みとしては、無料期間だけの利用・期間中の解約もOKで、CM広告なしでフル動画を快適に視聴することができます。

更に、スマホ・タブレット・PCなどマルチデバイス対応で、見たい動画をダウンロードしておけば、オフラインでの視聴も可能という通信制限を気にしなくても済む使用になっています。

また、動画配信サービス「FODプレミアム」ではフジテレビのドラマの限定オリジナルストーリー・スピンオフも続々配信中なので、テレビでは見ることが出来ないオリジナルのドラマを楽しむことが出来るのも大きなメリットです!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

 

動画配信サービス「FODプレミアム」はドラマやアニメが豊富に見れる!

動画配信サービス「FODプレミアム」では、過去に放送されたドラマやアニメ、また最新のドラマやアニメ、映画などが多く配信されているので、飽きることなく楽しむことができます!

動画配信サービス「FODプレミアム」で配信されているドラマやアニメを抜粋して紹介したいと思います。

・姉ちゃんの恋人
・ルパンの娘
・30禁
・さくらの親子丼
・僕はまだ君を愛さないことができる
・世にも奇妙な物語
・ライアーゲーム
・メイちゃんの執事
・スイッチガール
・アンフェア
・東京ラブストーリー
・ラストシンデレラ
・SUITS/スーツ
・コンフィデンスマンJP
・DIVER-特殊潜入班-
・医龍
・ひとつ屋根の下
・のだめカンタービレ
・PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~
・教場
・HERO
・CHANGE
・プライド
・シャーロック
・絶対零度
・ラジエーションハウス
・パーフェクトワールド
・アンサング・シンデレラ
・竜の道
・映像研には手を出すな
・振り返れば奴がいる
・ガリレオ
・踊る大捜査線
・リッチマンプアウーマン
・マルモのおきて
・救命病棟24時
・大奥
・ショムニ
・天体観測
・鬼滅の刃
・池袋ウエストゲートパーク
・おそ松さん
・ちびまる子ちゃん
・呪術廻戦
・ハイキュー
・ぼのぼの
・炎炎ノ消防隊
・遊戯王
・ドラゴンボール
・約束のネバーランド
・アオハライド
・Re:ゼロ
・サザエさん
・かいけつゾロリ
・ひぐらしのなく頃に
・愛してるぜベイベ
・あやつり左近
・ゲゲゲの鬼太郎
・ワンピース
・さよなら絶望先生
・転生したらスライムだった件
・天気の子
・ゴールデンカムイ
・3月のライオン
・蟲師
・魔法少女まどかマギカ
・コードギアス
・ソードアートオンライン

などなど、これらのドラマやアニメが、スマホ、PC、テレビ、タブレットなどで余すことなく楽しむことができます!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

 

ドラマ「推しの王子様」7話のあらすじ・ネタバレ

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)の指示で、過労で倒れ病院で治療を受けた杏奈(白石聖)を自宅まで送り届ける。

航は、大学の勉強とインターンとしての仕事を両立させようと頑張ってきた杏奈をねぎらうと、何かあったら頼ってほしいと告げて帰っていく。

泉美は、無事に送り届けたという航からのメッセージを受け、ホッと胸をなでおろす。

泉美は、航への返信に、今日はどこに泊まるのか、と打ちかけるが、それを消去すると「ありがとう」とだけ打って送る。

あくる日、社長室にやってきた航は、次の給料が出るまでの間、もう一度同居させてほしいと頼む。

それを了承する泉美。

一方、社内では、芽衣(徳永えり)やマリ(佐野ひなこ)が、社内コンペで決定する『恋する森の中へ』の新キャラクターのデザインを着々と進めている。

コンペに参加しているはずの航だが、芽衣たちのデザインが気になり、気持ちばかりが焦るもののまだ何も描けていなかった。

泉美は、光井(ディーン・フジオカ)に、航と和解することができたと報告する。

光井は、泉美が明るさを取り戻していることにすぐに気づき……。

その夜、航は、スーパーの買い物袋を掲げながら泉美の部屋にやってくる。

航は、迷惑をかけないように食事くらいは自分で用意しようと思ったらしい。

そんな航と、キッチンで一緒に料理する泉美。

こうして、航と過ごす最後の1週間が始まり……。

ドラマ「推しの王子様」7話のネタバレ・感想

航はペガサス・インクが新しく手がける乙女ゲーム「恋する森の中へ」で、新しく登場するキャラクターデザインの社内コンペに挑戦していた。

しかし、着々と作業を進める芽衣(徳永えり)やマリ(佐野ひなこ)たちの姿に気持ちばかりが焦っていく。

キャラクターのデザイン案を泉美に見せながら「これだけやって認められなかったら」と不安がる航。

さらには母親が家出してしまった過去を話し、「俺が何をしてもきっと何も変わらないって、どこかで思っている」と、これまで明かすことのなかった本当の気持ちを吐露した。

それに対して、泉美は「航くんが悩んだり、遠回りしたぶん、他の人が見ていない何かを見ているはず。それは航くんのだけの武器になると思う」と、航が一歩踏み出せるようにと背中を押す。

航はこの言葉を胸に、ついに新キャラクター「月(ルナ)」を完成させ、社内コンペで堂々と発表するのだった。

社内コンペでは、査員の満場一致で、この「月」が採用されることに決まった。

泉美は航の活躍に喜びながらも何か決意を固めた表情を見せる。

航は、真剣に向かい合ってくれる泉美の姿をいつしか愛おしく思うようになったようで、「これからもそばにいて、いろんなことを教えてもらいたいんです。泉美さんのことが好きです」と想いを告白。

だが、泉美は「あなたは私から卒業しないと」「あなたの人生は私が作るものじゃない」と首を横に振るのだった。

切なく涙を流す航と「あなたはあなたの道を歩いて」と泣くこともなく、きっぱりと、時折微笑みながら言い放つ泉美の姿が痛いくらいに対照的に映る。

泉美に言われた通り、次の日の朝、一緒に暮らしていた家を静かに後にする航。

その表情は悲しそうでもあり、名残惜しそうでもある。

航がいなくなったことに気づいた泉美は、航からもらったスケッチを抱きしめ、これまで我慢していたものを吐き出すように声を上げて泣き崩れてしまう。

<あなたと出会い かけがえのない 時間を重ねていく>

そう、そんな穏やかな幸せを感じさせる2人だったはずなのに。

2人にとってこの出会いはかけがえのないものではなかったの……?

などと、このときバックで流れている、ドラマの主題歌であるUruの「Love Song」の歌詞に、2人のことをつい重ねて、さらに切なくなってしまうような第7話だった。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

 

ドラマ「推しの王子様」8話のあらすじ・ネタバレ

航(渡邊圭祐)は、泉美(比嘉愛未)に好きだと伝えた。

しかし泉美は、尊敬の気持ちを誤解しているだけだと返し、航の人生は航自身が作るものなのだから別々の道を歩こう、と突き放す。

「今まで、ありがとう」。

そう言い残して寝室に入ってしまう泉美。

翌朝、航は、泉美と顔を合わせることもなく、静かに彼女の家を出て行き……。

それから8ヵ月が過ぎた。

『ペガサス・インク』が発表した新作乙女ゲーム『恋する森の中へ』は、史上最速で300万ダウンロードを記録する大ヒットとなり、航はそのプランナー兼デザイナーとしてテレビの取材を受けるなど、乙女ゲーム界のプリンスとして注目を集めている。

航は、多忙な業務の間を縫って、新作ゲームの企画書を準備していた。

有栖川(瀬戸利樹)にそのことをバラされてしまった航は、泉美に企画書を渡す。

一方、光井(ディーン・フジオカ)は、ゲーム会社を立ち上げた大学時代の友人から、一緒にやろうとヘッドハンティングを受ける。

「何のためにペガサス・インクにいるのか?」と友人に問われた光井は言葉に詰まり……。

そんな中、声優のアフレコスケジュールでトラブルが起きる。

調整をせざるを得なくなった泉美は……。

ドラマ「推しの王子様」8話のネタバレ・感想

密かに想いを寄せている泉美(比嘉愛未)に対して、1番近くで仕事を支え、親身になってアドバイスをしたり、勢いで橋に「壁ドン」をしたりと大小さまざまなアプローチをしてきた光井(ディーン・フジオカ)。

だが、その行動は泉美に気づかれなかったり、うまくかわされたりしてしまい、泉美の心は航(渡邊圭祐)へと傾いてしまっていた。

しかし、第8話では、ついに光井が反撃に出た。

航が泉美に告白して8カ月後。ペガサス・インクは無事新作ゲーム「恋する森の中へ」をリリースし、ゲームは大好評を博していた。

航は、デザイナー兼プランナーとしてゲームに携わり、他にもメディア取材を受けるなど“できる社員”として大活躍中だ。

一方の泉美は、一緒に住んでいた航がいなくなり、毎週木曜日に「ラブ・マイ・ペガサス」をプレイするという“推し活”が復活したにも関わらず、どこか浮かない表情を見せる。

また、仕事でも、スタッフから新キャラクターの表情を決めて欲しいと言われ、判断に困ってしまう。

これまでは、乙女ゲームのキャラクターの表情やセリフを良いと思える方向に即断・即決してきた泉美。

その様子のおかしさにいち早く気がついたのは副社長の光井だった。もともと、ペガサスインクの社長として奮闘する泉美を支えつつ、泉美が好きだった光井。

光井が泉美の些細な変化を感じ取ったのは、やはり泉美への「愛」がなせる技なのかもしれない。

光井を演じるディーン・フジオカはNHK連続テレビ小説『あさが来た』(2015年)で五代友厚を演じ、大ブレイク。

女性実業家として悪戦苦闘するヒロインの心の友として、優しく見守り、時に導いていく姿に多くの人が魅了された。

近年は『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐』(フジテレビ系、2018年)や『危険なビーナス』(TBS系、2020年)で、“嫌な男”を演じることも多かったが、この光井はまさに“五代路線”。

ディーンの甘いマスクと優しい視線に心を奪われる。

仕事が思うようにうまくいかずに悩む泉美は、「自分の気持ちに嘘をついて蓋をしてしまっている」と光井から指摘され、航から告白されたことやその告白を断ったが、実際は航のことが好きなのかもしれない、と正直に打ち明ける。

光井は「俺も正直にならないとな」と言った後、「泉美ちゃんが好きなんだ」と告白。

さらに「(航と)一緒に生きていくことはできない」という泉美の言葉に対抗するように「そしてこれからも、俺は一緒に生きていきたいって思っている」としっかりと泉美を見つめ、力強く言葉にしたのだった。

泉美は「航が好き」という自分の正直な気持ちと向き合うことができたが、同時に光井からの告白に放心状態。

そのうえ、実はこの光井と泉美の会話を航が全て目撃していた。光井の想いに、泉美の心はどう動いていくのか。

今後、航が泉美や光井に対して、行動を起こすのか。3人の関係から目が離せない。

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

 

「推しの王子様」を楽しもう!

好きなドラマは何度だって繰り返し見たいものです。

最新話だけを一週間以内に見ないといけないような見逃し配信サービスでは満足できないですよね?広告も多いですし・・・。

だからこそ、たっぷりと好きな作品を楽しむために動画配信サービス「FODプレミアム」を利用してください!

好きな作品をたっぷり何回でも楽しみましょう!

\ 無料期間中の解約の場合、月額はかかりません /

登録無料!FODプレミアム公式ページへ

 
【朝ドラネタバレ一覧】

朝ドラ「純情きらり」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おかえりモネ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「おちょやん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ちゅらさん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「澪つくし」のネタバレはこちらから

朝ドラ「花子とアン」のネタバレはこちらから

朝ドラ「あさが来た」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ふたりっ子」のネタバレはこちらから

朝ドラ「ちむどんどん」のネタバレはこちらから

朝ドラ「舞いあがれ!」のネタバレはこちらから


-どんど晴れ, なつぞら
-,

Copyright© 朝ドラネタバレ動画プラス「patin」 , 2021 All Rights Reserved.